質問です!アマチュアとプロカメラマンのマッチングサイトってどうですか?

みなさんの声をお聞かせください
  • URLをコピーしました!

ほんと、何となくなんですが、会社から自宅に帰る道で歩きながら「写真もっと上手くなりてぇ〜!」って思いまして、
「プロの現場を見てみたいなぁ」
「自分が今苦労している事も、ササっと片付けられるキャパを持ってるんだろうなぁ」

なんて考えておりましたら、ある漠然としたアイデアが浮かびました。
それは、アマチュアカメラマンを無料でプロカメラマンが雇用(日雇い)するというものです。

僕としてはニーズありそうだなぁ、と思っていますが周りの方のご意見も聞いてみたかったので、記事に致しました。
もしご興味あれば、ご意見ください♪

プロカメラマン

プロの写真家はアシスタントをつけている方が多くいらっしゃるかと思います。
アシスタントは、写真の知識はもちろん、今後プロとして独立していくためのセンスなんかも養っていく必要があり、お金を貰いながらスキルアップが出来ます。

逆に、アシスタントを雇用している写真家にとっては、人件費が発生します。

プロ(ビジネス)として行っている以上、経費はなるべく低く、売上を多く伸ばしたいのはみなさん一緒の事だと思います。

趣味写真家

一方、趣味レベルで写真を撮るアマチュアの中で、最低限の知識があり、自身が試行錯誤をしながら、さらなる高みを目指したいと思っている方々は、多々いらっしゃいます。

有料のワークショップやセミナーなどに参加して、上達の為にお金を払う方も少なく無いと思われます。

こうした向上心の強い、アマチュア写真家を、時間の面でプロのフォトグラファーと比較すると、写真に携わる時間が絶対的な短いので技術・知識面で勝る事はほぼ無理です。

また、ワークショップなどでは“プロの現場”を体験できる事はなく「机上の勉強」「初心者向けレクチャー」ばかりが目に止まります。
関連:写真をストックフォトで収益化してお小遣い稼ぎ

プロとアマチュアのニーズ

そこで、プロとアマチュアにとって双方にメリットが出る方法があるのでは無いかと考えてみました。

プロはアマチュアカメラマンを雇い、給与を払いません。
プロカメラマンにとって簡単な業務や、アシスタントのアシスタント的な事柄であれば、知識レベルの高いアマチュアカメラマンといえども戦力になるのでは無いか。

逆にアマチュアカメラマンにとって、プロの現場を見る事はお金を払ってもなかなか難しい事ですし、仕事をさせてもらうことで教科書などには書いていない、生の撮影技術を体験する事ができます。

マッチング方法

問題は、プロとアマチュアカメラマンがどこで知り合うかですが、「マッチングサイト」を利用する事で、カバーできるのではないかと思います。

プロ、アマともに、プロフィール登録をしておき、「プロA」が求人を出す事で、登録しているアマチュアカメラマンに通知されます。
仮に「アマチュアカメラマンB」がその仕事に参加したい場合は、参加申請を行い、「アマチュアカメラマンB」のプロフィールを確認し、採否を行います。

参加後は、プロ・アマともに、お互いの評価付けを行います。
こうしておくことで、仮にアマチュアカメラマンが多くなりすぎて、求人倍率が上がったとしても、プロ側はプロフィール欄を見て採否を決める事が出来る。

逆にアマチュアはどの仕事に参加するかを評価を見て決める事ができます。

目次

読者の方への質問

こんなサービスが無料でできたらいいな!とふと思いついたわけですが、ニーズはあると思いますか?
アマチュアの僕は、タダでプロの技術を見聞きする事ができるのなら、参加したいですし、プロでも人によってワークフローとか異なると思うので、そういった事も体験したいです。

プロの視点、アマの視点からご意見を頂ければありがたいです。

Twitter:@Camera_pap
Facebook:https://www.facebook.com/camelife114

みなさんの声をお聞かせください

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1982年生まれ。カメラ、サーフィン、キャンプが趣味の中年。
WEBコンサルの仕事を20年ほど行い、現在は独立。2人の子持ち。
凝り性で意外と飽きにくい性格。

目次
閉じる