世界に1つ!独自ドメインで写真ブログを初心者でも簡単に運営する方法

ブログ運営
  • URLをコピーしました!

先日、カメライフをご覧頂いているユーザーさんから、ブログ運営の方法についてお問い合わせを頂きました。
その方は、現在シーサーブログで写真系のブログを運営されています。
当サイトをご覧の方でも、アメブロや楽天ブログなどで、写真ブログを運営している方も多いのではないかと思います。
WEBの知識が無くても簡単に開設出来る無料ブログですが、長く運営をする前提であれば独自ドメインで、運営していた方がメリットが出てきます。
今回はそんなブログ運営のお話です。
ブログ運営

目次

無料ブログの良し悪し

WEB知識が無い方でも自分のブログをあっと言う間に作る事の出来る無料ブログサービスはとても便利です。
最大のポイントは、『簡単・無料』である点です。
無料ブログサービスを提供している会社は、公開しているブログに設置された広告からの収入が主な収益源となっているので、多くのブログが開設されれば、それだけ多くのアクセスを集める事ができ、高い広告費が企業に入るビジネスモデルです。

便利な無料ブログですが、デメリットが無いわけではありません。
無料ブログ最大のリスクは、サービス提供が停止される事
TwitterやSNSなど、ブログ離れが進む今、大手の無料ブログ提供企業が、ブログサービスを廃止する可能性は年々高まっていると考えても不思議ではありません。
何年も運営を続けてきたブログであっても、提供会社がサービス提供をストップした時点で自分のサイトも消えてしまいます。
このリスクは、公開しているデータが消去されてしまう所では無く、URLが無くなってしまう部分にあります。
無料ブログの場合、「http://aaa.bbb.com」や「http://bbb.com/aaa/」といったサブドメインやサブフォルダ型のURLがユーザーに割り当てられます。
そもそもhttp://bbb.com/は提供会社のものになるので、廃止された場合、ユーザーのURLが無くなってしまうわけです。

運営年数が長ければ、他のサイトから紹介され、リンクを貼ってもらう様なケースも増えてきますが、URLが無くなれば、こういったものも一緒に失われてしまいます。
このリスクをなくす為には、自分自身がドメインを所有する事が最善の方法ですし、アクセス数も独自ドメインの方が集めやすいなどもメリットも出てきます。

独自ドメインって?

ドメインは、URLの「http://ココ.com」のココ.comの部分を言います。
当サイトであれば、「camelife.biz」がそれに当たります。
このドメインは個人でも簡単に取得する事ができ、世の中で自分しか持っていない住所の様なものです。
一度取得してしまえば解約するまでは、一生自分のものとして管理する事が出来ます。
ドメインの取得には、年間利用料があり、その費用は、.comや.jpの部分と取得代行会社によって異なります。
一番安いものだと、年間480円程度(月40円)なので、趣味程度のブログでも自分だけのドメインを取得するメリットは十二分にあると思います。

低価格で取得可能な代行サービス

安くドメインを取得出来るサービスは調べればかなりの数が出てきますが、今後の管理のしやすさや、企業の信頼性、価格、シェアなどを考えると下記の2つに落ち着きました。
また僕自身が使っているサービスでもあるので、この2つがオススメです。
お名前.com

エックスドメイン

レンタルサーバーって?

無料ブログとは違い、一つのアカウント開設で完結しないのが、独自ドメインを取得するデメリットかもしれません。
ドメインはただの住所です。その住所には家が無ければいけないのですが、それにあたるものが、レンタルサーバーです。
サーバーは、データを入れる為の箱です。この箱に写真などのデータを入れる事が出来ます。
その写真にアクセスする為には住所が必要なので、ドメインとサーバーを紐付ける事でWEBサイトとしてだれでも見れる状態になります。

レンタルサーバーは、無料のものから月に数万円するものまで、幅広く存在します。
アクセス数が月に100万程度までなら1000円程度のサーバーでも問題なく動きます。
(100万PVになると広く認知されている人気サイトレベルです。)
当サイトも月1050円のエックスサーバー
を使っていますが、写真の多いページ以外はストレス無く表示されていると思います。
エックスサーバーの良い点は色々とありますが、エックスサーバーは、同社ドメイン取得サービスのエックスドメインを使う事で、無料でサーバーを借りる事が出来ます。
この形で運営をすれば、年480円のみの費用で、独自ドメインのブログが作れる事になります。

無料の場合容量が3GB、広告表示有りですが、取得したドメインのサブドメイン設定が100個まで、独自ドメインは20個といった制限がありますが、最初のオリジナルサイトとしてはスペック的に問題の無いレベルだと思います。
もし、サイトが拡大し容量が足りなくなったら、エックスサーバーの上位プランを有料で借りたり、別会社のサーバーに乗り換える事も出来ます。
ドメインを持っていると、サーバーが変わっても同じURLのまま運営出来る面もメリットです。

今回、説明も兼ねて、実際にドメインの新規取得から、無料サーバーの設定までを行ってみました。
関連:エックスサーバーX10からwpXクラウドへサーバー移転方法のメモ

ドメイン取得とサーバー契約~設定まで

ドメイン取得

エックスドメイン
エックスドメインのページから、『新規取得』をクリック。

ドメインを入力
取りたいドメインを入力します。既に他の人に取得されてしまっているものは使う事が出来ません。
ドメインは出来るだけ短く、覚えやすいものが理想です。

希望ドメイン
希望のドメインは、.info、.com、.bizなどのトップレベルドメインから選択出来ます。TLDによってコンセプトがありますが、あまり深く考えなくても良いと思います。
今回僕は、mac-win.infoというドメインを取得しました。
(480円のドメインはキャンペーン適用時です。決済の時にマイナス計算されます。)

新規登録
ドメインが決まったら、ユーザー情報を登録します。

会員情報の入力
メールアドレス、パスワード:メインで使用しているものが良いです。
契約者種別:法人運営で無ければ個人
組織名(カナ、ローマ字):個人の場合は不要
名前~電話番号:実際につながる情報を入力します。
WHOIS代理公開サービス:デフォルトでチェックが付いていますので、そのまま
このドメインは誰のものかが公開されるサービスで、チェックを外すと自分の名前や住所などが公開されますので注意してください。
利用規約、個人情報の取り扱いにチェックを入れ、『確認画面へ進む』をクリック。

確認画面上で最終チェックをし、『支払い方法の選択へ進む』をクリック。

ドメイン決済
今回はキャンペーン適用期間だったので、本来990円から510円がマイナスされています。
2年目以降は990円になります。
決済はクレジットカードだと、すぐドメインが使えるのでオススメです。
決済情報を入力し、再び確認画面をチェック。『申し込む』をクリックして完了です。

DNSの設定

エックスドメイン管理画面
ドメイン取得が終わると、ログインのボタンが出ます。
ボタンをクリックすると、管理画面が開きます。取得したドメイン名の右に『ドメイン管理』のテキストリンクがあるので、クリック。

ネームサーバ設定
ネームサーバの設定は、「このドメインがどのサーバーとくっつくのか」の設定です。
家と住所を一致させる設定です。
ページが切り替わったら、「ネームサーバーを変更する」ボタンをクリック。

DNS変更
無料サーバーを使う場合、利用サービスを「Xdomain専用DNS」に合わせます。

無料サーバーの設定

無料サーバー
DNS設定が終わったら、無料サーバーの設定です。
ドメイン管理パネルの左メニューから「無料レンタルサーバー」をクリック。

サーバーID
任意のIDを入力します。ドメイン名などでも良いと思います。

ドメインとサーバーを繋ぐ

あともうちょっとです^^;
今回、独自ドメインでのブログ構築なので、ブログシステムを使える様にします。
WordPressというCMS(コンテンツ・マネジメント・システム(HTMLなどの知識が無くてもワード感覚で記事が書ける仕組み))を使います。

再度、左メニューから「無料レンタルサーバー」をクリック。
WordPress
サーバーでなんのプログラムを使うかを選択する画面になりますので、WordPressの「利用を開始する」をクリック。

WPインストール
WordPressの「新規インストール」をクリック。
左メニュー「無料レンタルサーバー」をクリック。WordPress「管理画面へログイン」をクリック。

ドメイン設定
左メニュー「ドメイン設定の追加」、右中央のタブ「ドメイン設定の追加」、「Xdomain管理のドメインを追加する」をクリック。

ドメイン指定
取得済のドメインをプルダウンから選択し、「ドメイン設定を追加する」をクリック。

WordPressインストール
WordPress管理パネルトップの「新規インストール」をクリック。

WordPress初期設定
いよいよブログの設定です。
サイトアドレスのプルダウンから、取得したドメインを選択します。その左は空欄で構いません。
WordPress IDは、ブログシステムのログインIDとなります。推測されにくいIDにしましょう。
ブログタイトルが決まってなくても仮の状態で入力します。後から変更可能です。
メールアドレスは、メインのアドレスをとりあえず入力。

入力が完了したら「次へ進む」、「確定」の順に進みます。
完了画面で表示されたパスワードは紛失しないでください。これが無いとログインが出来ません。後に変更可能です。
パスワード下の「アプリケーション設定画面」をクリックします。

インストール完了
[ブログ管理ツール]に管理ページのURLが記載されていますので、そこをクリック。
新規に取得したドメインとサーバーの設定が反映されるまでに数十分かかります
「アクセスが拒否されました」の画面が出た場合は、少し時間を置いてからアクセスしてください。僕の場合は、上記設定後5分程度で、ページが表示されました。

WPログイン画面
WordPressのログイン画面が表示されたら、先ほどのIDとパスワードを入力し、ログインします。

WP管理画面

ログインができれば、とりあえず、完了です。
自分の取得したドメインをブラウザのURL欄に入力すれば、設定したブログ名で表示されます。
公開したブログ
今アップされているデザインテーマはデフォルトのものですので、もちろん変更する事が可能です。
WordPressは世界的にシャアが高いので、無料で使えるデザインテーマが豊富ですし、困ったときには検索すれば大体の事は解決する事が出来るはずです。

ブログ運営

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1982年生まれ。カメラ、サーフィン、キャンプが趣味の中年。
WEBコンサルの仕事を20年ほど行い、現在は独立。2人の子持ち。
凝り性で意外と飽きにくい性格。

目次
閉じる