子供でも初心者でもアジ釣りを120%楽しむコツ

アジ釣り
  • URLをコピーしました!

日曜日の釣り番組をYU(長女)と見ていたら、突然「YUも釣りしたい!」と言い出した。
虫や魚、とにかく不潔と思われるものは嫌いで海に行っても、砂が足につくと嫌がる程。

そんな、若干3歳で潔癖っ子となってしまった子ですが、一時の思いつきだろうと思っていたら、また「釣りがしたい!」と、釣りとは全く無関係の話をしている時に言い出しました。
何か感じるものがあったのでしょう。
興味のあるものはどんどんやらせてあげたいと思っているので、早速連休に釣りへ出かけました。

中学生当時は、毎週行くほど釣りにハマっていて、釣るのが難しいと言われている黒鯛(チヌ)を狙っていましたので、多少の自身はあるものの、言っても釣りをするのは十数年ぶり。
テグス(糸)の結び方も思い出せません。
結び方がわからないと、仕掛けが付けられないので、釣りが出来ないのです。

せっかく連れて行ったのに、仕掛けを海に入れる前に退散なんて事になったら、父さんの面目にかかわります。
しっかりと、ネットで下準備をし、今回はアジを狙う事にしました。

行ったのは、木更津。場所は、「彼女をおんぶして渡ると結ばれる」と言われている中の島大橋(通称:赤い橋)を通り過ぎた所にあります。

目次

必要なもの

潮見表

アジ釣りに一番必要なのは、潮見表です。
基本的に、魚釣りは潮が動いている時間帯に釣果がありますが、アジ釣りではそれが顕著に現れます。
爆釣モードであっても、潮が止まった瞬間にパタリと当たりが無くなります。

道具

釣り場が船着場や堤防などの場合、長い竿は必要ありません。
堤防でも、テトラポットが置かれている場所だと、長い竿が必要になりますし、小さい子供には危険です。

アジは大きな魚では無いので、セットで2000円程度のものでも十分に楽しむ事が出来ます。
あと、必要なのは、エサと仕掛けです。

仕掛けは、エサ入れと、針、重りがセットになったものが初心者にはオススメです。
リールのテグスと1回結ぶだけで、釣りを始める事が出来ます。

仕掛けは、上部にエサ箱(網タイプも有り)がついていて、その下に針が5~7本程度ついています。
サビキ
僕は当日このサビキを持って行きました。
日によって、釣れる仕掛けと全くアタリが来ないものの差が結構でますので、違う商品を数種類持って行くと良いと思います。

アジ釣りの仕掛け
エサ箱の中には、オキアミと呼ばれている、冷凍のエビを入れるのですが、水中で、オキアミが下へ落ち、そのオキアミと間違えて針に食いつくという仕掛けになっています。
その為、アジ釣り用の仕掛け(サビキ)では、針に小さな羽のようなものがついていて、遠くから見るとエビに見えちゃいます。
オキアミは、釣りの当日に釣り場近くの釣具屋さんで購入する事ができますが、手が臭くなるのが嫌だという方は、

こういった商品もあります。

当日、開始直後に両隣が釣れ出し、こっちにも来るかと思いきや1時間全くアタリが無く・・・
子供からは、「なんで釣れないの?おじさんからもらってくる・・」との声が。
仕掛けを変え、撒き餌にコマセを大量に海に投げて見るとようやくアタリが!
しかもでかい!『アジってこんなに引き強かったか?』
上げて見るとスズキの小さいの(フッコ)でした。
その後もどんどん掛かり、開始から2時間での釣果は、
フッコ1匹、アジ6匹とまずまずの成果でした。
アジ釣りの釣果

潔癖症気味の娘も、魚やサビキに手を触れ「くしぇえ!」なんて騒いで楽しそうにしてました。
なんでも一緒になって遊ぶのは親も子供も楽しいもんです。

アジ釣り

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1982年生まれ。カメラ、サーフィン、キャンプが趣味の中年。
WEBコンサルの仕事を20年ほど行い、現在は独立。2人の子持ち。
凝り性で意外と飽きにくい性格。

目次
閉じる