カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ レビュー

安い!Re:CLEANはコスパ最高の防湿庫だぜ!レビュー

数年前に防湿庫を検討してから早4年。
購入に至っていない理由は、値段が高いから。
高級レンズが増えていくにつれ、しっかりとした湿度管理の必要性も比例していくのですが、どうしても写真の出来栄えと関係の無いものに5万も出すのは気が引ける。。。
(比較記事:防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた

そんな事で、購入意欲はあるものの、買わずじまいでした。

そんな時、偶然ネットを徘徊していた時に見つけたのが、『Re:CLEAN』という格安な防湿庫。
速攻で【容量50L Re:CLEAN RC-50L】をポチったわけですが、50Lクラスの防湿庫を有名ブランドの東洋リビングで見てみると、53Lで3万円オーバー。

トーリ・ハンでも56Lで3万5000円します。そして、なんか昭和の雰囲気を感じる。。

そして、今回購入したRe:CLEAN RC-50Lはというと、なんと約1万4000円!!
Yahoo!ショッピング Amazon 楽天市場

有名ブランドの防湿庫と比べると半値なので、さすがにちょっと心配だったんですが、一応ポチる前には軽めですが、ネット上でレビューのチェックもしておきました。

Re:CLEANのネット上でのレビュー

機能的には問題ない(RC-50L)。
懸念していた本当に湿度が下がるのかという件に関しては問題なかった。
内部のボリュームを最大にすると数時間で40%を切るところまで下がった。

ライドレールは傷だらけで、トレイはバリがむごい。
トレイはすのこ状にするため複数の長い穴が開いているがこの穴周辺のバリが酷い。

以上のように、見栄えや稼動させるまで手間がかかる という問題はあるが
防湿という本来の機能は達成しているし同レベルの他社製品よりかなり安い
ということを考慮すれば十分及第点を与えられると考える。
Amazon

コスパに引かれ、追加購入しました!

追加購入です。機材が増えて前回購入の50Lが手狭になってきたため再購入しました。

この秋の長雨の中で40〜45%でキープしているので問題はないと思います。

最初10%前後低めに表示されていましたが、3日程で5〜6%の誤差になってきています。数値が気になる方は、別売の湿度計を併用されることをお奨めします。商品はコストパフォーマンスに優れている上、故障もなく機能していることから、良い商品だと思います。お奨めです。

Yahoo!ショッピング

一部、造りが雑というような、レビューはあったものの、複数のショッピングサイトで4以上の高評価を得ている点。
また、レビュー数が多数存在する点。
なにより、ちょっとおしゃれ♪かつ安価な点。
以上から、躊躇なく購入に至りました。

そして、到着した商品がこちら
Re:CLEANトレー
3段になっていて、上部2段はトレーを引き出す事ができます。
すべての段には、クッションがついていて、最上部は、レンズを収めるような加工がされていました。
Re:CLEAN最上部
一番奥に見える赤色のスイッチは、内部の湿度を調整するダイヤルになっています。
説明書がかなり簡略的なもので、どのダイヤルにすればどの程度の湿度に調整するかは記載されていませんでした。
とりあえず、最強から一段低い「High」に設定しておきました。

説明書によると、
「防湿庫が密閉されてから湿度が下がるまでに1〜3時間ほど時間がかかる場合があります」
と書かれています。
実際に電源を入れ設置すると、湿度は70%と表示されていて、1時間後67%になりました。
湿度が下がるまでのパワーは少ないのかな?

ただ、防湿庫の場合、過度に乾燥しすぎると、ゴム製品の劣化を早めてしまう恐れがありますが、Re:CLEANは
「カメラ用に設計されており、乾燥しすぎによる劣化を防ぐため、温度が20度以下の場合、45%RHになりにくく設計されています」
と書かれてありました。
冬場などの湿度が低い環境の場合は、ダイヤルを調整する事もできるので安心です。

Re:CLEAN 背面
背面には、内部の湿度を逃がす為の換気口のようなものが付いていますが、出っ張ったりしていないので、壁ギリギリの所に設置する事ができます。

Re:CLEAN 2段目
奥行き32 x 幅29 x 高さ60.5cmと細身なシルエットですが、D5000等のエントリーモデルなら1段に3つ程並べる事ができそうです。

Re:CLEAN最上段
上段はレンズが転がらない様な加工がされたクッション素材が使われていいて、3列に並べる事ができますが、この幅が若干きついので、鏡胴が太いレンズ同士を並べると、ぶつかってしまいます。
並べて置く事はできますので、鏡胴の太い部分と細い部分を互い違いにして入れてあげる必要があります。

Re:CLEAN全体
一番気に入っているのはこのデザイン。
レンズ、カメラを入れないでリビングに置いてあると、ワインセラーのようなモダンな感じで、かなりおしゃれです。

Re:CLEANオープン
自重が9Kgありますが、持った感じではかなり軽く、レンズ5本、D5000を入れた状態で扉を開けると、本体を押さえないと前方にスライドしてきてしまいます。
上記にD800を追加で入れると、扉だけを片手で引っ張っても、本体は前方にずれませんでした。
本体自体が軽いのもそうですが、除湿するため、扉と本体が密閉状態になるので、この部分は仕方ないと思われます。

また、Amazonのレビューにあった、「本体部分のバリ」ですが、私が購入したものは特に目立つバリなどは無く、ちゃんとした状態のものでしたので、製造ロットによる違いなのか改善されたのかはわかりませんが、何ら不満点はありません。

保管した機材は
レンズ5本+カメラ本体、装着レンズ2本

レンズ

  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8
  • Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
  • Nikon AF-S DX NIKKOR 85mm f/1.8G
  • Nikon AF-S DX NIKKOR 50mm f/1.8G
  • SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
  • SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用
  • Nikon AF-S Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED
  • カメラ本体

  • Nikon D800
  • D5000
  • 現在保有している機材はすべて入れる事ができ、まだ余裕はありますが、今後の事を考えると正直もう一つ大きいものを購入しておけばよかったと思っています。
    容量のラインナップは21L、30L、50L、80L

    Re:CLEAN RCシリーズ通販

    Yahoo!ショッピング Amazon 楽天市場

    電源を入れた状態でも全く音を感じませんので、カタログ通りの静音設計です。
    5年間の保証も付いていて、カスタマーデスク(電話有り)なので、同等品を買うのであれば、Re:CLEANはかなりおすすめの防湿庫と言えると思います。

    人気記事

    防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた... 写真を撮る趣味は、趣味の時間が長ければ、レンズや周辺機材などがどんどん増えていきます。 そして、はまった分だけ高価なカメラやレンズも、躊躇なく購入できるようになっていきます^^; そんな僕もデ...
    カメラ・レンズの湿気対策!湿度管理でカビを防ぐ... 梅雨の時期は、人間にもカメラなどのデジタル機器にとっても嫌な季節です。 特に簡易的なドライボックスにレンズを入れっぱなしにしている方は要注意。 乾燥剤を入れる事で、湿度を低く保つ為の箱です...
    スポンサード

    関連記事

    -カメラグッズ, レビュー
    -


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    人気記事

    防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた... 写真を撮る趣味は、趣味の時間が長ければ、レンズや周辺機材などがどんどん増えていきます。 そして、はまった分だけ高価なカメラやレンズも、躊躇なく購入できるようになっていきます^^; そんな僕もデ...
    カメラ・レンズの湿気対策!湿度管理でカビを防ぐ... 梅雨の時期は、人間にもカメラなどのデジタル機器にとっても嫌な季節です。 特に簡易的なドライボックスにレンズを入れっぱなしにしている方は要注意。 乾燥剤を入れる事で、湿度を低く保つ為の箱です...
    スポンサード

    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    Picasa

    Picasaの写真加工機能がとっても簡単で無料なのに素敵だった件

    先日友人宅で写真編集をする必要があり、日頃使っているLightroomやPhotoshopがインストールされていなかったので、写真共有サービスを使って上手に写真を保管する方法で紹介した「Picasa」 …

    ネットプリント徹底比較

    ネットプリント評価比較/写真現像はネットか店頭か!デジカメの人気プリントサービス

    みなさんはデジカメで撮影した写真をどのようにプリントしていますか? 今はコンビニでも1枚20円程度で現像する事が可能ですが、旅行に行った時や気合を入れて撮影した後の現像は枚数も多くそのプリント金額も馬 …

    悩み

    無料でカメラ・レンズを貸してくれるモノフェローズに申込んでみた

    使っている方の口コミはとても参考になります。 買った後に、予想以上に重かったり、イメージしていた画角と違ったりなんて事をある程度は未然に防げます。 僕もちょっと高価なものを買う時には、ネット上の口コミ …

    Nikon24-70mm

    Nikon大三元24-70mm/f2.8をレビュー!単焦点レンズを使い続けて分かった事

    2015年10月22日にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの後継機となるAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRが発売されました。 大三元と呼ばれる、 …

    高級レンズと格安レンズ

    格安レンズを買うならローンしてでも高級レンズを買った方が良い件

    先日、娘の運動会の為、レンズのレンタルショップを利用した僕ですが、そのレンズが結構気に入ったのもあり、なんとなくヤフオクで中古レンズを見ていて気づいた事があります。 それは、レンズは値崩れしにくい事で …

    写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

    管理人について

    「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

    SNSフォローボタン
    FacebookGoogle+TwitterRSS

    運営サイト

    お友達サイト