カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

カメラ・レンズの湿気対策!湿度管理でカビを防ぐ

投稿日:2015年6月8日 更新日: ドライボックス

梅雨の時期は、人間にもカメラなどのデジタル機器にとっても嫌な季節です。
特に簡易的なドライボックスにレンズを入れっぱなしにしている方は要注意。

乾燥剤を入れる事で、湿度を低く保つ為の箱ですが、まず、乾燥剤を入れないとタダの箱です。
密閉されているとはいっても、開け閉めをする時に湿気も入り、空気の流れがないので、カビが生えやすい状態となります。

また、ちゃんと、乾燥剤を入れていても、乾燥剤は許容量の湿気を吸うとそれ以上の湿気は吸わなくなるので、期限があります。
5Lほどのドライボックスなら、乾燥剤を2〜3個入れ、半年ほどで交換時期を迎えるでしょう。
シリカゲルの乾燥剤なら、青系からピンク色に変色すると交換時期となります。
レンジなどで加熱する事で、再利用する事も出来ますが、高いものではありませんので、新たなものを購入した方が手間が省けます。

生石灰の乾燥剤は、湿気を吸うと粒が粉末状になると期限を迎えたサイン。繰り返し使う事はできませんので、取り替えましょう。

ドライボックスの選び方

新しくドライボックスを購入する時には、大きめのものを購入する事をおすすめします。
レンズなどが新しく増える事を想定し、予備バッテリーやその他の小物もしまえるので、9L〜15L程度のものがあれば、レンズも3〜4本程度収納する事ができますよ。

カビを生やさないために

ドライボックスを買ったからといってもあまり過信しないようにしましょう。
特に複数のレンズを持っている場合は、ボディに付けっぱなしのレンズと肥やしになってしまっているレンズがあるはず。
肥やしになっているレンズは、最低でも月に一度程度はドライボックスから出し新鮮な空気にふれさせてあげます。

カビが好きなのは、空気の流れが無く湿度の高い場所です。
空気が流れているとカビは生えにくくなりますので、しまいっぱなしの状態にならないようにしましょう。

気にした方が良いのは多湿になる梅雨から9月頃までです。

カビが生えてしまったら

メーカーに出すしか無く、修理費も数万円かかってしまうので、高額なレンズなどを持っている場合は、防湿庫なども購入検討したほうが良いと思います。
関連:防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた

ドライボックスには乾燥剤を

必ず乾燥剤を入れるようにしましょう。
乾燥剤を入れていないドライボックスは、ただの箱です。

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ

スポンサード

関連記事

運動会

レンタルレンズでNikkor ED 70-200mm F2.8Gを借りて素晴らしさに驚いた

10月12日に長女の運動会があるので予定していた、レンタルレンズを注文する事にしました。 望遠レンズ欲しいけど、ナノクリとかだと20万もしちゃうので、一泊3000円程度で高級レンズが借りれるサービスは …

悩み

無料でカメラ・レンズを貸してくれるモノフェローズに申込んでみた

使っている方の口コミはとても参考になります。 買った後に、予想以上に重かったり、イメージしていた画角と違ったりなんて事をある程度は未然に防げます。 僕もちょっと高価なものを買う時には、ネット上の口コミ …

これで長持ち!一眼レフカメラやレンズの掃除・手入れの方法|日頃のメンテナンス

一眼レフカメラは日ごろからメンテナンスをしてあげれば、長い間使う事が出来ます。新しい機種が出てきて物欲に負けなければ5年〜10年は使えるのではないでしょうか。 特にレンズは適切なメンテナンスを怠るとカ …

AF修理

オートフォーカスの修理完了(D800)

D800のオートフォーカス効かなくなってしまい、ようやく修理に出す事ができました。 修理は、ニコン新宿サービスセンターに持ち込みです。 実はサービスセンターに行ったのは初めてだったのですが、当日、フィ …

人気のフォトブック比較

皆さんはフォトブックを作った事はありますか? フォトブックは撮影した、写真で簡単にオリジナルのアルバムが作れるサービスで、遠方の両親に孫の成長記録を送ってあげたり、母の日や敬老の日のプレゼントとして。 …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト