カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

Mac レビュー

MacにVMware Fusion6でWindowsを入れて弥生会計を使う方法

投稿日:2014年3月2日 更新日: Windows8.1インストール完了

この時期は3月15日期日の確定申告に追われている人も多いと思いますが、僕も今年からブログやオークションでの収入が安定的になった為、開業届けを提出し、来年度に青色申告で確定申告を行う事にしました。

[aside type=”normal”] 現在はクラウド上で管理ができるfreee(フリー)を使用しています。
[/aside]

日頃の領収書整理などはこまめにやっておかないと、何のために使った経費か分からなくなるので、最低でも月に1度は記帳を行っていく為、いまから会計ソフトを使いはじめる事にしました。

しかし、会計ソフトの多くはまだWindowsのみ対応である事が一般的で、Mac対応となるとあまり聞き慣れないソフトが多いんですね。
シェアが低いソフトの場合、トラブルになった時の情報も少ないですし、書籍なども発売されていないので、一般的な弥生会計を使う事にしました。

でも弥生会計もMacには対応していない為、Windows PCが必要になります。
自宅でサブ的に使っているWindows8に弥生会計を入れる事を考えましたが、普段使うMacの方が何かと便利です。

MacにWindowsを入れられる方法がある事は以前から知っていましたが、Windowsを使う方法が数パターンあります。

情報も豊富で、無料でできる方法はBootcamp(ブートキャンプ)です。
しかし、Boot campはMacとWindowsの切り替えを行う都度、再起動をする必要があります。
次に有名なのがVMware Fusionです。

FusionはゲストOS(Windows)を、Mac内の仮想的な環境にインストールするので、Macの中にWindowsがあり、一つのアプリのような感覚で利用することが可能です。
MacからWindowsへのファイル移動や、テキストのコピペなども行えるので「ちょっとWindows使いたい」って時にもすぐに起動して使う事が出来ます。

現在の最新バージョンはFusion6で6800円。5まではAmazonなどで買う事が出来たようですが、6からはメーカーサイトからダウンロード購入のみとなっています。

もうひとつ、Parallels Desktopという仮想化ソフトも評判が良かったのですが、Fusionの方が情報が多く、価格も安かったので、今回はFusion6での仮想化環境を構築する事にしました。

Windows8.1 pro DSP版の購入

現在Windowsの最新版は8.1なので、最新版を購入。
今回はDSP版で1.4万円という安いものを選びました。

弥生会計 30日無料体験版

Fusionをインストールする際、WindowsのCDが必要になるので、予め購入しておきます。
※Windowsの正規版では無い商品が出回っているようなので、注意しましょう。
念の為Amazon配送商品にすれば万が一の時も返品ができるので安心です。

DSP版とは?

DSP版は、新規インストール用のライセンスで、以前はパソコンのパーツとセットでのみ買う事が出来たライセンスです。
現在は、ライセンス単体で購入する事ができますが、インストールしたハードウエアのみでしか使用することのできないWindowsの販売形態です。

VMware Fusion6の購入

Fusion6の購入
メーカーサイトにアクセスし、購入の手続きを行います。※お試し版もあります

Fusion6購入
入力欄を埋めていき、決済を行います。

Fusion利用規約
利用規約のページからは英語になります。
チェックボックスを選択し、『I Agree』をクリック。

Fusionのダウンロード
ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。
530MBあるので、そこそこの時間がかかりました。

Fusionのインストール

Fusionインストール1
ダウンロードが完了したら実行ファイルをクリックし、インストールを進めていきます。

ライセンス認証
購入ページで入力したメールアドレス宛てにライセンスキーが届いていますので、認証キーを入力します。

11

インストール方法の選択
ディスクからのインストールを選択。

インストールディスクの選択
CD/DVDドライブにWindowsのディスクを挿入し、マウントします。

Windowsライセンスキー
Windows8.1のライセンスキーを入力。

統合のレベルシームレス
統合のレベルは「シームレス」を選ぶと良いようなので、とりあえず左側を選択しました。

割り当てるメモリと容量
メモリとストレージの割り当て容量を指定します。
僕は自動で割り当てられた、メモリ2GB、ストレージ60GBのまま進めました。

仮想ウィンドウ
この状態がFusionがインストールされ、Windowsのインストールがスタートする段階です。

ここで、問題発生!
インストールが途中で止まり、「無人応答ファイルに無効なプロダクトキーが含まれています」というアラートが表示されました。
無人応答ファイルに無効な
「OK」を押しても同じ状態がループするだけで、インストールが出来ません。

これはまさかの「バッタモン」を掴まされたのかと思い、調べてみると、インストールの設定で「フロッピーをOFF」にする必要がある事が判明。(正規版でよかったぁ)

フロッピーをOFF
(参考元:act2 ブログ: 解説:よくわかる VMware FUSION 第五章( Windows 8 DSP 版 インストール編)
Windowsのインストールウィンドウ左上の工具のボタンをクリックし、設定画面を開き、フロッピーアイコンを押します。
スライドさせるボタンがあるので、これをOFFにし、設定ウィンドウを閉じます。

エラーウィンドウの「OK」を押すと、次に進む事が出来ました。

USキーボードは英語を選択
僕はUSキーボードなので、英語のキーボードを選択します。

案内にそって進んで行くと、
インストール中
インストールが開始されます。
15分〜30分程度時間がかかります。

ここで2度目のエラーが・・・
「必要なファイルをインストールできません。ファイルが破損しているか・・・」
必要なファイルが無い
ネットで調べても同じような症状の情報が無く、とりあえずMacを再起動してみました。

Macを再起動させ、Windowsのインストールを再開すると、不思議。
何事も無かったかのようにスムーズにインストールが進んでいきます。

22

Windows8.1インストール完了
無事にインストールが完了しました。

まとめ

この後弥生会計をインストールすれば、とりあえず目指している環境になりますが、VMware Fusionインストール面倒です。
2つのOSをまたぐエラーなので、感覚だけでは分からず色々と手間取ってしまいました。

でも、Mac上でWindowsが動くのはなんとも不思議な感じですね(・∀・)

スポンサード

-Mac, レビュー

関連記事

0443

ニコン単焦点AF-S 85mm f1.8Gを購入したのでレビュー

今、D800の購入がほぼほぼ決定し、同時に追加のレンズが必要になってくるので、85/f1.8を購入しました。 Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G posted with カエレ …

iso100

Nikon D800の高感度ノイズと高感度低減HIGHサンプルデータ(RAW有)

D800の増感によるノイズのでかたと、高感度ノイズ低減「HIGH」の効果を確認してみました。 RAWデータもダウンロード可能ですので参考になさってください。 関連:1年後、後悔しない為にRAWで撮影し …

Apple

初めてMacを購入しようと悩んでいるWindows派の悩み

早いものでこのブログも公開してから7ヶ月が経過しました。 投稿した記事数は77本、1ヶ月のページビューは12万。 ちょこちょこ更新しておりましたが、皆様のおかげで多くの方に見てもらえるようになりました …

Picasa

Picasaの写真加工機能がとっても簡単で無料なのに素敵だった件

先日友人宅で写真編集をする必要があり、日頃使っているLightroomやPhotoshopがインストールされていなかったので、写真共有サービスを使って上手に写真を保管する方法で紹介した「Picasa」 …

パスワードの使い回ししていませんか?

セキュリティ大丈夫?複数サービスでパスワード使い回しは危険!1Passwordでセキュアな管理

WEBシステムに繋がりの薄いユーザーにはあまり知られていないかもしれませんが、つい先日、IT業界を揺るがせたニュースが報じられました。 暗号化ソフトSSLに欠陥、悪用狙い攻撃相次ぐ : IT&メディア …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト