カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

ゴミの混入を極力防ぐ一眼レフ、レンズ交換取り付け方法

投稿日:2014年2月15日 更新日: レンズ交換

慣れない一眼レフのレンズ交換。
ゴミが入るのが怖くて、買った時のレンズをつけっぱなしにしている方も多いと聞きます。
でも、一眼レフはレンズを交換する事を前提としたカメラで、レンズを変える事で写真の表現はグッと広がります。

正しい交換方法なら、ゴミが混入する心配も少なくなりますし、小さなゴミなら掃除で取り除く事が出来ます。
怖がらずに、チャレンジしていきましょう!

レンズ交換の順序

レンズ交換に持っておいた方が良いアイテムは、ブロアーです。
ブロアーは、撮影前後で、レンズ前玉についたホコリを飛ばす為に利用頻度の高いアイテムなので、持っていない方はこの機会に購入される事をオススメします。
これで長持ち!一眼レフカメラやレンズの掃除・手入れの方法|日頃のメンテナンス

1.テーブルの掃除

慣れないうちは、テーブルの上で作業をするのが安全です。
作業をおこなうテーブルの上は、ホコリを拭きとっておきましょう。

2.一眼レフの電源を切る

デジタルカメラは、パソコンなどと同じ高度な電化製品です。
交換レンズとボディは電子回路で結ばれているので、電源をOFFにした状態で交換を行います。

3.交換レンズの用意

キャップを軽く回しておく
この段階では、交換するレンズには、まだキャップは付けたままの状態にしておき、レンズ前玉を上にしてテーブルの上においておきます。

4.ボディの用意

購入後はボディにキャップが付いています。
キャップ横にある『レンズ取り外しボタン』を押しながら、キャップを回すと取り外す事が出来ます。

5.レンズ後ろ玉キャップを緩める

まだ、レンズにもボディにもキャップが付いている状態です。
まずは、レンズ後ろ玉のキャップを緩めます。緩めたら、キャップの上にレンズを置いて置きます。
レンズを上に持ち上げると、キャップが外れる状態です。

6.ボディ側キャップの取り外し

レンズ交換
ようやくボディ側のキャップを取り外します。
取り外したら、マウント部分が下に向く様にボディを持ち、レンズをもう片方の手に持ちます。

7.レンズを取り付ける

Lr-2500
ボディマウント部とレンズ着脱部に、白い○が付いています。このレンズ着脱指標とマウントの記しを合わせると、ボディにはまりますので、少し奥に入ったらネジの要領で、右へゆっくりレンズを回転させます。
途中でひっかかったり、変な音がしたら、しっかりとはまっていないので、再度取り外して同様の作業を繰り返して下さい。

ボディとレンズを合わせる
最後に「カリカリカリ、カチっ」という音がしたら、レンズを回しても動かなくなります。
動くようでしたら、しっかりと装着出来ていませんので「レンズ取り外しボタン」を押しながら、一度取り外し、再度装着してください。

着脱交換のポイント

ポイントは、ホコリの少ない部屋で作業を行う事、出来るだけマウント部とレンズ後玉がむきだしになっている時間を減らす事、むき出しになる時は下に向けておく事です。

ボディの内部はほとんどの場合、ブロアー等で掃除をしない方が良いですし、まして、ミラー部分の拭き取りなどは絶対に行いません。
同じく、レンズ後ろ玉も正しい方法と場所で扱っていれば、滅多な事では汚れない場所です。

掃除方法を勉強するより、正しい交換方法を身につけた方が、機材は長持ちします。

僕も一度、砂浜でレンズ交換をした事があり、その時砂ホコリがレンズ内部に入りズームリングがおかしくなった事があります。
どうしても屋外で作業をする場合は、出来るだけ砂やホコリの無い環境を選びましょう。

また、空気の流れの無い場所で長期間保管をしておくと、レンズにカビが生えてしまい、高額な修理代が必要となる場合があります。
定期的に保管場所から取り出してあげましょう。
関連:カメラ・レンズの湿気対策!湿度管理でカビを防ぐ

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ

スポンサード

関連記事

防湿庫の購入を比較検討

防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた

写真を撮る趣味は、趣味の時間が長ければ、レンズや周辺機材などがどんどん増えていきます。 そして、はまった分だけ高価なカメラやレンズも、躊躇なく購入できるようになっていきます^^; そんな僕もデジタル一 …

Re:CLEAN_防湿庫

安い!Re:CLEANはコスパ最高の防湿庫だぜ!レビュー

数年前に防湿庫を検討してから早4年。 購入に至っていない理由は、値段が高いから。 高級レンズが増えていくにつれ、しっかりとした湿度管理の必要性も比例していくのですが、どうしても写真の出来栄えと関係の無 …

アドビCCライセンス

アドビのPhotoshop+Lightroomがずーっと1000円で利用出来る期間限定プログラム

通常、CC(Adobe Creative Cloud)ライセンスのPhotoshopとLightroomだと、月額2200円のパッケージが期間限定(12/2)で、1000円になる期間限定プランが公開さ …

ニコン単焦点AF-S 85mm f1.8Gを購入したのでレビュー

今、D800の購入がほぼほぼ決定し、同時に追加のレンズが必要になってくるので、85/f1.8を購入しました。 Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G posted with カエレ …

1万円代で買える防水機能付きデジタルカメラランキング

夏本番!年々夏が熱くなってきている気がするのは私だけでは無いと思いますが、お子さんをお持ちのパパママさんは、せっかくの子供の夏休みにはどこかに連れて行ってあげたいと思いますよね。 夏の定番と言えば、海 …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているボクです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト