カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真管理

写真・動画でiPhoneの容量がいっぱい!簡単にコピー・移動させる方法

投稿日:2014年2月6日 更新日: iphone写真

iPhoneで写真を撮っていると16GB程度の容量ならすぐに一杯になってしまいます。
こうなってしまうと、iPhone自体の動作が重くなりますし、データがクラッシュした場合これまで撮影した動画や写真も全て無くなります。

PCで充電している方で、自動的にバックアップの設定をしている場合は万が一の場合でもデータロスを防ぐ事が出来ますが、データ容量が減るわけでは無いので、定期的に外部に移動をさせてあげるのが安全ですし、iPhone自体の動作も重くなりません。

iPhoneのデータを取り出す

iPhoneのデータをMacやPCに移動させる方法はいくつかある様ですが、iTunesも特別なソフトのインストールも必要ありません。

Macでデータ移動

macの場合元々入っている『イメージキャプチャ』を使います。
イメージキャプチャは『Launchpad』を開いて、検索ボックスに”イメージキャプチャ”と入れればカメラマークのアイコンが表示されます。

iPhoneをmacにつないでいる状態なら、iPhone内の写真が一覧表示されます。
イメージキャプチャ

移動させたい画像を選んで、任意のフォルダにドラッグ&ドロップで、移動完了です。

Windowsでデータ移動

Windows(7)の場合、iPhoneをPCに接続している状態で、マイコンピューターを開きます。
マイコンピュータ

右クリック
表示されている端末で『Apple iPhone』を右クリックし『画像とビデオのインポート』を選択します。

読込
ボックスが出てきますので、何もせずに読込をクリックします。
画像数が多いと時間がかかります。

読込完了
読込が完了するとデータは『ライブラリ>ピクチャ』にコピーされた状態になります。

全てコピーされている事が確認できたらiPhone上から削除してしまって大丈夫です。※確認はしっかりと行いましょう。

まとめ

カメラアプリによってはiPhone内のカメラロールに保存されないものがありますが、コピー作業をする時はカメラロール内の写真のみが対象になるので、別途エクスポートの作業が必要になります。

この方法なら、iTuneの使い方が分からなくても、ソフトが無くても、どこでも取り出せる方法なので、覚えておいて損は無いと思います。

完全に自動バックアップの場合はGoogleフォトを使うのが便利です。
関連:iPhone内の写真を自動バックアップして容量削減にはGoogleフォトが便利

スポンサード

関連記事

-写真管理
-

関連記事

Amazonプライムフォト

容量無制限で写真RAWがバックアップ可能なAmazonプライムフォトが凄すぎる

日頃撮りためている写真は、定期的にバックアップをしていないと、ハードディスクやPCのクラッシュにより全部消えてしまう事があるので、バックアップは必ず取ることをオススメします。 関連:外付けハードディス …

work-flow

外付けハードディスクの選び方から撮影・編集現像・管理の安心簡単なワークフロー

日々の忙しさに翻弄され、撮りためた写真がSDカードの中に溜まったままなら、データロスの危険性大ですよ! 乾燥する冬場は静電気の季節で、SDカードなどの電子製品は静電気でデータが消えてしまう事があります …

写真全自動バックアップ方法

iPhoneで撮った写真を無料・自動でバックアップする便利な2つの方法

iPhoneはアプリなどを上手く使えば、どこにでも持ち歩ける万能なカメラになります。 スマホが普及した事で、SNSも利用しやすくなり、有名な写真共有SNSのInstagramを利用している方も多いでし …

写真の保存方法

大量の写真を確実に残す!写真データの管理術【保存版】

この前、撮りためた写真の整理をしていた所、 嫁に「パパって・・・マメだよね」と言われました。 性格はそこまでマメな方では無いのですが、写真ってその時に戻って撮影する事できないじゃないですか。 だから、 …

MacでHDDをフォーマット

WindowsからMacにしたらHDDが使えない!?両方で書込ができるフォーマット形式

写真を仕事や趣味で撮る人は、容量が大きく後付けが容易な『外付けハードディスク』を使用している方が多いと思います。 ハードディスクには数種類のフォーマット形式があり、Windowsで使っていて、Macに …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト