カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

ブログ運営

エックスサーバーX10からwpXクラウドへサーバー移転方法のメモ

投稿日:2014年2月3日 更新日: サーバー移転

運営サイトの一つで、エックスサーバーのX10プランで1年程運営を行ってきましたサイトがありますが、2013年12月頃からアクセスが増加し12万PV程になりました。
画像が多いサイトのためか、スマホなどで閲覧した時には待ち時間が発生し、ユーザビリティ的にマイナス要素が増えて来ていました。
また、他サイトと同じサーバーで運用をしていたので、何かの拍子に全サイトダウンとなるリスクも分散させたいと考え、今回「エックスサーバー株式会社」が2013年にリリースしたWordPress専用サーバーの「wpX」へ移行を行いました。

途中かなりトラブルが発生し、サーバー移転は順調では無かったのでメモしておきます。

1.WordPress運用サーバーの移転経緯

1-1.移転元サーバーでの課題

エックスサーバーに落ち着いて2年程度使っていました。今回移転対象になるサイトは1年程ほ運用ですが、サーバーダウンなども一度もなく非常に安定しており気に入っていました。
その前はロリポップやサクラ、CORESERVERなど、安価で有名な所はひと通り使いましたが、エックスサーバーはこういったサーバーとは使い勝手、安定性ともに劣る部分はありません。

しかし、PVの増加に伴いWordPress管理画面が重くなり、サイト閲覧時の待ち時間も発生するようになりました。
負荷だけで考えれば、30万PVほどは耐えられると思いますが、急激にトラフィックが増加した場合などに同一サーバーで運用している他サイトへ影響が出る可能性が高い為、思い切って移転する事としました。

1-2.なぜwpXにしたか

共用型のサーバーを使っている間はエックスサーバー社以外に変更する理由は見当たりません。
サポートもコスパも高く、何より安定している為です。

その為、移転を検討したのは、X10上位サービスである同社のシックスコアと、2013年にリリースされたWordPressに特化した「wpX」の2つでした。

新しいサービスの方が、旧来のサービスでの改善点が盛り込まれていそうなので、感覚的にはwpXにしたいと思っていたのですが、口コミなどを見てみると、
速度などは早くなるが、癖がある
などの書込があり正直迷いました。

まだ新しいサービスでレビューも少なかった為、サポートセンターに直接聞いて見ると、僕のような感じの場合はwpXの方が速度を体感出来るのでオススメとの事。

wpXは「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」の2サービスがあり、その違いは「wpXクラウド、wpXレンタルサーバーの違い|エックスサーバー社長ブログ」で詳しく書かれていますが、要点をまとめると

  • クラウドもレンタルサーバーもWordPressでしか運用出来ない
  • クラウドはメールが使えない
  • マルチドメインでの運用が出来ない
  • クラウドはサイトの成長に合わせ、移転なしでサーバーの増強が可能

今回移転するサイトは、今後拡大させる予定なので、拡張が簡単なwpXクラウドへの移転を決めました。

2.移転方法

2-1.wpXクラウドの申込

wpXへアクセスし「クラウド」のタブを選択します。
wpXウェブサイト

申込の流れは割愛しますが、先に申込をしておいた方が、DNSの反映などがスムーズに行えます。
また、「無料14日間お試し」では持ち込みドメインの設定が出来ない為、すぐに使用する場合には、決済までを完了する必要があります。

2-2.旧サイトのバックアップ

FFFTPでダウンロード
FTPソフトで旧サーバーへアクセスし、ルート階層の「htaccess」と、WordPress階層の「wp-content」をダウンロードします。
※僕の場合、WordPressをルートに置いていないので、上のキャプチャでは「wp-content」が表示されていません。

「wp-content」内にはプラグインやWPテーマ、アップした画像などが入っていて、容量が大きいので、何回かにわけで確実にローカルにコピーしておいてください。

2-3.データベースのバックアップ

旧サーバーのエックスサーバーへログインし、エックスサーバーパネルを開きます。
エックスサーバーコンパネ
対象ドメインを移転するドメインへ変更し、phpmyadmin(MySQL5)のリンクから進みます。

phpmyadmin
phpmyadminにログインしたら、左上にログインした時のデータベース名のリンクがあるので、クリックします。
information_schema では無い方。

DBのバックアップ
タブで「エクスポート」が現れるので、クリックするとキャプチャの画面になります。
「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」と「ファイルに保存する」にチェックを入れて、「実行する」をクリック。
※ファイル容量が大きいと時間がかかる場合があります。

2-4.wpXクラウドのドメイン設定

wpX管理画面
申込後のメールにwpX管理画面のログイン情報が記載されていますので、管理画面へアクセスします。

ドメイン設定
「ドメイン名」に移転するドメインを入れます。
次にこのドメインがあなた所有のものであるか認証を行いますが、「Whois認証」はDNSが切り替わってしまいますので、「WEB認証」や「メール認証」で進めます。

2-5.WordPressのインストール

新規インストール
僕は既にWordPressがインストール済みなので、メニューから消えていますが、インストール前だと『キャプチャの矢印部分』に「新規インストール」のメニューがあるので、クリックします。

ページが切り替わり、ブログ設定を入力するページになります。
「WordPress ID」「ブログタイトル」「メールアドレス」は、旧サーバーからのデータで上書きされますので、適当で構いません。

インストールが完了すると、サイトURLと、WP管理ページのURL、ログイン情報が表示されます。

注意:この時点でドメインのDNSは旧サーバーを向いているので、新サーバーにはアクセスする事が出来ません。

2-6.新旧サーバーともダウンさせない方法

管理画面上からデータベース、FTPからファイルを上げればデータの移動は完了しますが、DNSを切り替えて新サーバーが正常に動かない事も当然あります。
DNSを切り替えても2、3日間はどちらのサーバーにも正常にアクセス出来る状態にする事で、ダウンタイム無しに移転を行う事が出来ます。

それを行う為に、SwitchHostsというFirefoxのアドオンを使うと便利です。
このアドオンは、自分のPCからだけは指定したIPアドレス上のサイトにアクセスする事が出来るツールで、有効無効の切り替えも2クリックで出来てしまう便利品。

まず、FirefoxアドオンページからSwitchHostsをダウンロード・インストールします。
Firefoxが無い場合はインストールしてください。

インストールし終えたら、Firefoxツールバーから、「ツール」→「SwitchHosts」→「始める前に」を選択。
ウィンドウが出てくるので「インストールを完了しますか?」→OK
「~~にバックアップしてあります」→OK

SwitchHostsのインストール
使用準備ができたら、設定を開始します。

接続確認
ホスト名に今回移転するドメイン(http:// は無しで可)、IPアドレスは新サーバーのアドレスを入力します。
wpXクラウドの管理パネルでは左メニューの「サーバー基本情報」の中にあります。
IP

FireFoxを再起動し、設定した新サーバーを選択後、自分のドメインにアクセスすれば、新サーバーに接続する事が出来ます。

2-7.[htaccess]の設定

wpXではルートディレクトリにアクセス出来ない為、「.htaccess」を管理パネル上で設定します。
htaccess
旧サーバーで書いていた中身の
「# BEGIN WordPress」~「# END WordPress」までの全部を書きます。

設定場所は、管理パネル左メニュー「htaccessの編集」から入ります。

2-8.データベースのインポート

wpX管理パネル左メニューから「phpMyAdmin」を選択します。
phpmyadmin
左に英字が2列あると思います。自分が設定した名前の方を押し、DBの設定画面を開きます。

旧サーバーでエクスポートした逆を行います。
インポート
インポートを押します。

ファイルのアップ
画面が切り替わったら、「ファイルを選択」で旧サーバーからエクスポートしたファイルを指定し「実行する」をクリックします。

正常に終了すれば完了です。
途中で失敗した場合は、再度同じファイルをアップしてください。

2-9.「wp-content」のアップロード

今の状態は、サーバー上に記事情報のみがある状態です。
記事中の画像やテーマが無いので、旧サーバーからFTPソフトを使ってダウンロードしたwp-contentファイルをアップロードします。

新サーバー(wpX)のFTPはアカウントを作成する必要があります。
wpX管理パネルへアクセスし、左メニューからFTPアカウント設定を開きアカウントを作りましょう。
アカウントができたらアップをしますが、
注意!!
僕はここでつまづきました。wpXのFTP接続フォルダは通常サーバーでアクセス可能な「public_html」ではありません!

普通のサーバーでいえば「public_html/wp-admin/wp-content/」がデフォルトの階層になります。
したがってこの階層にアップするファイルは「wp-content」フォルダの中身のみです
「admin」とか「wp-includes」は必要ありません。

2-10.新サーバーの確認

WordPress管理画面URLの確認
FireFoxで接続先を変更したら、新サーバーへ接続をします。
wpXの管理パネル上に表示されているので、アクセスしてください。

ログイン画面が表示されたら旧サーバーのログイン情報でログインします。

ログインする事は出来ましたか?
注意!!
もし旧サーバーのWordPressインストール階層がルートで無い場合はログインする事が出来ません。

例えば、旧サーバーのログイン画面URLが「http://hoge.com/wordpress/wp-admin/」の場合新サーバーとは異なる階層になります。
新サーバーは「http://hoge.com/wp-admin/」なので、新サーバーのデータベースを修正する必要があります。

3.旧サーバーと異なるディレクトリの場合の修正

■「WordPressアドレス」変更手順
下記は、僕がエックスサーバー社へ問合せた時に頂いた回答内容です。
1.管理パネルへログインし、左メニューより「phpMyAdmin」をクリックします。
2.phpMyAdminの画面が表示されますので、左メニューより該当のデータベース(自分のデータベース名_w1)を選択してください。
3.画面左部分の表示が変わりますので、「wp_options」を選択してください。
4.[3]を行われましたら、右側の表示が変わりますので、画面上部の[表示]タブをクリックします。
テーブルの内容が表示されますので「id:1」をURL(http://自分のアドレス.com)へと変更します。
※各idの左側の鉛筆アイコンをクリックすると編集画面となります。
option_id :1
option_name:siteurl
option_value の値を以下のように変更
例)http://camelife.biz

この変更を反映させ、再度管理画面にアクセスすれば、アクセス出来るはずです。

4.ネームサーバーの書換

新サーバー上で、プラグインやテンプレートに依存するエラーが出ている場合は、修正を行います。
僕が干渉していたプラグインは「Wordbooker」のみでした。
記事投稿時にエラーを吐く場合もあるので、ひと通り作業してみて、問題が無いようであれば、いよいよネームサーバーの変更を行います。

ネームサーバーの設定から、xpXのネームサーバーを確認し、管理ドメインのネームサーバー変更を行います。

ネームサーバーの変更は通常2~3日間で終了しますが、その間は新旧サーバーのどちらにも繋がる可能性があります。
旧サーバーのデータは1ヶ月間程度は残したままにしておくのが良いです。

スポンサード

関連記事

-ブログ運営

スポンサード

関連記事

ノハナ

カメラ・写真人気記事ランキング上位5[2013.09]

夏もアッという間に過ぎ去り、夜は毛布無しではちょっと寒くなってきました。 秋には、紅葉や運動会などのイベントで、カメラが大活躍する季節です。 サンマや温泉など、これからの涼しい時期をカメラと一緒に楽し …

無料素材配布サイト23選

いくつ知ってる?写真素材が無料の配布サイト23選【保存版】

WEB・広告関係の仕事をしていると、クリエイティブに使う素材データが必要になることも少なくありません。 個人的に素材量、使い勝手で日頃から活用させて頂いているサイトをまとめてみました。 あなたは、この …

祝!ブログ一周年♪

祝★カメライフ開設1周年|写真の知識が増えた1年でした

こんにちわ、カメラパパです。 当「カメライフ」は2013年3月26日からブログの運営を開始し、本日で1周年を迎える事が出来ました。 ブログに書きたい事は山ほどあるのですが、平日は仕事をしているので、な …

ブログ運営

世界に1つ!独自ドメインで写真ブログを初心者でも簡単に運営する方法

先日、カメライフをご覧頂いているユーザーさんから、ブログ運営の方法についてお問い合わせを頂きました。 その方は、現在シーサーブログで写真系のブログを運営されています。 当サイトをご覧の方でも、アメブロ …

Hacth

フォトブログに最適!無料で使える写真用WordPressテンプレート

ブログを運営する時、インターネットにあまり詳しく無い方は、アメブロなどの無料ブログサービスを利用する事が多いと思います。 世界に1つ!独自ドメインで写真ブログを初心者でも簡単に運営する方法 しかし、今 …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

人気記事

まだデータがありません。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト

まだデータがありません。