カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

Mac

Mac book Retinaディスプレイは写真プリントにも最適なモニターだった

投稿日:2014年1月7日 更新日: Mac book

Mac book pro2013を購入してから、2ヶ月が経過しました。
まだまだWindowsの方が感覚的に操作ができるので、Macの良さを全て分かった訳ではないのですが、Retina displayは噂通り半端なく綺麗です。

割高感のあるMacですが、安定性、処理速度、立ち上がり速度、モニタ全てにおいてバランスが良く、大変満足のできる買い物でした。

写真を趣味にしている人はみんなRetinaディスプレイにした方が良いですよ!
と言えるモニターです。

モニタの重要性を痛感

年末からD800購入についての記事を2本ほど書いています。(そして未だに購入できておりません・・・)
Nikon D800EとD800 or D600を比較検討に役立つ画質やレビュー記事のまとめ
ニコン単焦点AF-S 85mm f1.8Gを購入したのでレビュー

そもそも、なぜ高画素機が欲しくなったのかを考えてみると、『綺麗なものをそのまま撮りたいから』
という事になりますが、その【綺麗】と言うものをこれまでは、知らないでおりました・・・

これまでは、1万円程度の安いモニタを使用して現像やらを行っていたわけですが、プリントしてみると、全く雰囲気が出ていない写真になってしまう事もありました。
ただ、モニタで見た時には自分の撮った好きな写真も、他の人の写真も綺麗なんですね。

Mac bookを買って以前の写真を見返すと、これが、ブレなんかが非常に目立ちます。
いままではブレとして見えなかったものが、Retinaディスプレイだと確認ができる。
逆に言えば、今までは本来の写真では無い形のものを見ていたわけです。

趣味の範囲の写真なので、結局の所、自己満的な要素が強いわけですが、自分が撮ったお気に入りの写真をコンテストやブログに投稿して「井の中の蛙」状態だった事が正直恥ずかしい気持ちにもなりました。

Macに変えてから2回プリントに出しましたが、これがドンピシャの色で現像されてくる事にも驚きました。
モニタで確認した、明るさや色味の通りプリントされてくる安心感はとても重要な事だと痛感しました。

そして、うまい方の写真は、さらに際立って見えます。
これまでは分かりにくかった、階調の表現とか、微妙な光がしっかりと写真として乗っかっている感じ。

Retinaのレビュー記事

「Retinaの色は濃い!赤は深紅の赤であり、空はこんなに青かったのか!と感動する青であり、緑は新緑の生命の力を感じる緑になる。もちろん、白は眩しいくらいの純白で、黒は漆黒の黒である。(丸4年以上、ほぼ毎日酷使してきたMacBookと比べるものではないかもしれないが)それに比べてMacBookで見るすべての色はくすんで見えた。白は灰色に見え、黒には深みがない…。」

Retinaのほんとうの力 – ザリガニが見ていた…。

確かに、クリアというか、これまでに見えなかったものが見えるといった表現は近いです。

私が知る限り、MacBook Pro Retinaモデルはキャリブレーションの必要が無い初のMacだと思います!
(省略)
Retinaによる超高解像度に関係なく、このMacは写真を趣味にしている人すべてにオススメします!!

MacBook Pro Retinaモデルのモニタをキャリブレーションしてみた Type-gPlatform/ウェブリブログ

モニタは劣化していくので、使用時間に応じたキャリブレーションの必要性はありそうですが、購入時点で調整が必要無いのは素晴らしい限りです。

その結果・・・

Mac bookを購入してしまったせいで、D300sの限界を知ってしまいD800の高画素機が欲しくなったという結果になりました(笑)

D300s自体はとても気に入っているので、手放す気はありませんが、APS-Cサイズデジタル一眼より一画素当たりの面積に余裕のあるフルサイズ機で撮りたい!
関連:Nikon D800レビュー|フォトコン入選で買えた!写真を撮るのが楽しくてたまらないカメラ
関連:WindowsからMacにしたらHDDが使えない!?両方で書込ができるフォーマット形式

と思うモニタがRetinaディスプレイです。(Appleの回し者ではないです)

実際、Flickrやフォト人で作例をみても、その差は歴然です。
これを普通のモニタで見ると、あまり変わらないんです。

もし、写真が好きでPCを買い換える予定がある方は、是非ぜひRetina搭載Macにしましょう!きっとその世界に驚くはずです♪

今年も財布とにらめっこ状態が続くと確信しているカメラパパでした!

スポンサード

関連記事

-Mac

関連記事

Alfred

Macにして4ヶ月、初心者Macユーザーが落ち着いたおすすめアプリ14選

去年の11月にMacユーザーになり、ようやく操作にも慣れMacの使いやすさが分かってきたカメラパパです。 Windos歴十数年の僕がMacに変えた時、正直操作がほとんど分からず苦労しました。 ファイル …

箱の中に箱

Mac book pro Retina 16GB[2013]が到着!早速開封

先日、Windows信者の僕が初めてMacを買った時に悩んだ事と勉強したサイトの備忘録を書いてから7日が経過しようやく憧れのMac book proが手元に到着しました。 このブログもMac book …

VMware toolsがインストールできない

VMware toolsがインストールできない時の対処法

VMware fusion6を無事インストールできましたが、OS間でテキストをコピペしたり、ドラッグ&ドロップでファイルを移動する事ができず、かなり手こずりました。 結果として「VMware tool …

エラー発生

Macに「やよいの青色申告14」がインストール出来ない!VMwareFusion6使用

MacにVMware Fusion6でWindowsを入れて「やよいの青色申告」を使う方法でMacにVMwareFusion6とWindows8.1Proのインストールが終わりました。 また、Open …

MBPを入れた所

Mac book Pro13インチ用インナーケースはおしゃれなレザー仕様で決まり!

綺麗なMac book Proは絶対に傷を付けたくありませんが、せっかく薄くなったボデイをケースで厚くしてしまっては、デザインが損なわれるばかりか、カバンがパンパンになってしまいます。 ビジネスバック …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト