カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

本・情報 雑記

デジタル一眼レフ初心者におすすめ本?デジタルフォト達人への道

投稿日:2013年11月8日 更新日:

写真上達のHow to本って内容が少ない割に高いって思うのは僕だけでしょうか。
写真雑誌なら、表紙の「今年こそブレない!」とかのキャッチコピーについつい目が行って買ってはみたものの、興味があった特集ページは2ページだけだったとか^_^;

「子供の写真はこう撮る」なんて本も、僕の読んだものに限っては、ネット上で拾えるような簡単なテクニックが引き伸ばされてまとめられているなんて事もしばしばで、最近ほとんど写真系の本は購入していなかったのですが、大好きなAmazonを物色していると、
デジタルフォト達人への道』なんてタイトルを見つけまして、「達人って・・・」と思いながらも「ポチっと」しちゃいました(^^ゞ

まぁ、正直あまり期待していたわけではないのですが、これまで買った本の中で、一番面白く参考になったのでご紹介します。

内容

第1章 プロが教える本当にシャープな写真の撮り方
第2章 プロのように花を撮る
第3章 プロのように結婚式を撮る
第4章 プロのように風景を撮る
第5章 プロのようにスポーツを撮る
第6章 プロのように人物を撮る
第7章 プロのようにトラブルを避ける
第8章 プロのようにデジタルカメラの長所を生かす
第9章 プロのように旅と街の風景を撮る
第10章 プロのようにプリントする方法とその他のしっておくと便利な情報
第11章 ベストショットを手にするための撮影レシピ

シャープとは

この本を買おうと思ったのは、自分の写真にシャープさがかけると悩んでいる部分があったからです。
表現は人によって様々で、甘いや優しいなどと表現される事がありますが、キリッとしない写真が多いなぁと思う事が多々あり、それは、技術によるものなのか、設定なのかが自分でもよくわかりませんでした。

プロのようにシャープな写真を撮る秘訣は1つだけではありません。
いろいろな要素が組み合わさって、”タックシャープ”な写真がうまれます(”タックシャープ=切れのよい”はプロの写真家がさいこう レベルのシャープさをお表現するのに使っている言葉です。)?省略?
プロとアマチュアを分ける要素を1つだけ挙げるとすれば、プロは常に(たとえ明るい昼間でも)三脚を使って撮影しているということでしょう
P8

この本を読んでから、それまでは安物の三脚を使用していましたが、マンフロットの三脚を購入しました。
風が強い日などは特に三脚の威力を発揮してくれます。
撮影時に、カメラのモニタでは写りの良かった写真も、家のパソコンで確認した時にがっかりするという事が減ったと思います。
それほど、シャープとは神経を使うものなんですね。

ベストな絞り

そのレンズの最もシャープに撮れる絞り値で撮影する事です。
ほとんどのレンズの場合、それは開放値より2段絞ったあたりです(レンズのF値の2段上の数字)。
 たとえば、F2.8のレンズであれば、最もシャープになる絞り値はF5.6からF8になります
P14

いくら明るいレンズを持っていてもそのシャープさを引き出すためには、少し絞って使う事が最適です。
レンズのベンチマークはGANREF等で調べる事ができるので、持っているレンズで一番シャープに撮れる絞りを参考にできます。
GANREF | AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの性能テスト(シャープネス) | レンズ

人物撮影でのピント位置

絞りF11で目にピントを合わせると、顔全体がシャープに移ります。

僕の場合、子供の写真を撮るとき、どうしても動きの早い子供に合わせ、F3程度で撮影する事が多く、甘ったるい写真になってしまいがちでした。
シャープさを求める場合は、ISO感度を高めに設定し、絞り気味にする事でキリっとした作品が作れます。

総評

内容もボリュームがあり、国内の書籍に比べ学べる事がかなり多くありました。よくある上達本は、本の序盤は解説とお手本がありますが、後半になってくると、お手本ばかりで、どのように撮影されているのかが端折られているものが多く感じます。
しかし、「デジタルフォト達人への道」は、シチュエーションごとに解説されており、文章が多くわかりやすかったです。
また、それとは別に、著者のスコット・ケルビー氏が冗談を要所にちりばめていてそのまま和訳されているので、読んでいて疲れないマニュアル本だと思います。

デジタルフォト達人への道 2

デジタルフォト達人への道 3

デジタルフォト達人への道 4

スポンサード

関連記事

-本・情報, 雑記

スポンサード

関連記事

ダイソン掃除機

ダイソンの掃除機が吸わなくなった時これをやれば吸引力復活

僕の家では、引っ越しをした4年前に頂いたダイソンの掃除機を使っています。 日本でダイソンが有名になったのは10年程まえのCMからだと記憶しています。 そう「吸引力の変わらいただひとつの掃除機」 このキ …

ピントを合わさない

冬の醍醐味!イルミネーションが綺麗な撮影スポット2016(東京・千葉・神奈川)

気がつけば12月。毎年この時期になると一年てあっという間だなぁと感じています。 紅葉も終わり、日中も寒くなってきたこの季節はイルミネーションの季節でもあります。 デートするのも良し、子供と出かけるもよ …

高い!写真上達関連の書籍!kindleを活用して4割安く買う

写真のテクニック関係の書籍って、なんで高いんでしょうね。そして、本屋で目にとまると、なぜか毎回買ってしまう・・・ だって「7日間でプロの様な~」とかタイトルが付いていると、、夢見ちゃいますよね^^; …

nikon cp+2014キャンペーン

カメラ写真のイベントCP+2014が開催されます

2014/2/13(木)12:00から2/16(日)17:00にパシフィコ横浜で、「アジア最大級のカメラと写真映像の情報発信イベントCP+2014」が開催されます。 プロ用の最先端テクノロジーから、一 …

Windows XPサポート終了まであとわずか

Windows XPサポート終了前にやっておきたいバージョンアップorPC購入

2014年4月9日でWindowsXPのサポートが終了します。 サポートが終わってしまうとどういった不具合が出るのか、また終了前にやっておきたい事をまとめてみました。 僕もメインはMacですが、サブと …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

人気記事

まだデータがありません。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト

まだデータがありません。