カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真上達 写真管理

1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう

投稿日:2013年4月22日 更新日: RAW現像で出来る事

コンパクトデジタルカメラから一眼レフカメラに乗り換えた方は、あまり馴染みが無いRAWという形式。
多くのコンデジは、撮影した写真をjpg(ジェーペグ)をいう形式で保存していて、jpgは、ほぼ全てのパソコンで表示する事の出来る最も一般的なファイル形式です。
一方、一眼レフではRAWという形式で写真を保存しておく事ができます。もちろんjpgで保存する事も出来るのですが、後で画像にレタッチをしたり、白飛びなどを修復するにはRAWで撮影しておく方がメリットが大きいのです。

RAWとは

RAW(ロウ)とは、jpgなどと異なり、圧縮や加工がされる前の生のデータの事を言います。
通常、パソコンや携帯などで画像を見る場合、jpgやgif、pingなどと呼ばれる画像に圧縮されて表示されています。
デジタルカメラの場合、撮影したデータをカメラ側の設定(ホワイトバランスやシャープネスなど)を通した後にjpgなどの形式で保存されます。
jpgなどは既に圧縮された画像の為、後々にホワイトバランスや露出などの修正を行う事ができません。
RAW画像は、圧縮されていない為、1枚でjpgの10倍程度の容量がありますが、撮影後の写真が暗かったりした場合、パソコンを使って露出補正をする事ができます。
その他、ホワイトバランス、カラーモード、シャープネスを変更する事が可能。

RAWで撮影するメリット

RAWは、ファイルサイズも大きく、そのままでは見る事が出来ないファイル形式ですが、最大のメリットとして、ちょっと失敗した写真を簡単に復旧出来る点があげられます。
そもそもjpgはカメラ内でRAWデータを圧縮した画像の為、色の階調などが削除されています。jpgで撮影した写真も、専用の編集ソフトを使用して、明るさや色味を調整する事が出来ますが、修正をすればする程、画質にノイズが現れます。

一方RAWは、カメラ購入時に付属している、パソコン様画像管理ソフトを使い、RAWデータからjpgデータを作成する事ができます。これを「RAW現像」と言いますが、毎回RAW現像を行えば、撮影の度にホワイトバランスの調整を行う必要が無くなり、後でゆっくりと好みの色合いに現像をする事ができます。

RAW撮影のデメリット

RAWで撮影するデメリットは、容量が大きい事です。限られたハードディスクの容量をどんどん圧迫して行きます。
また、撮影時、大きいファイルサイズのままSDカードに書込を行う為、保存が遅く、連射などをする場合は、連射可能枚数がjpgのみの場合にくらべ少なくなります。
関連:容量無制限で写真RAWがバックアップ可能なAmazonプライムフォトが凄すぎる

お勧めは「RAW+jpg」撮影

RAWのみで撮影を行なっていた場合、すぐブログやSNSへポストをしたい場合に一度RAWから現像する必要がありますので、正直手間になります。
そういった場合でもRAWで保存をしておくメリットは十二分にありますので、あまりRAWを使わない方はRAW+jpgで撮影をしておきましょう。

RAW+jpgは、元データと画像データの両方をSDカードに保存をする記録方式の為、撮った写真をすぐに現像する事ができます。また、暗い写真などはRAWが残っているので、適正な露出に修正してから現像をする事ができます

実際にRAW補正とjpg補正を比べて見た

補正前の元画像

元画像
コントラストが若干低く、シャープネスにかけるので修正

RAW補正

RAW現像
RAW現像ソフトLightroom5にて現像

jpgから補正

raw3-1

100%拡大

raw4
左から、元画像・RAW現像・jpg補正 の順番ですが、ノイズの量や色のノリなど明らかな差があります。

まとめ

今回は、RAW現像ソフトの中でも定評のあるLightroomを使用した事による部分も大きいですが、ソフトの性能は年々向上していきます。
撮影した写真が使えない場合でもソフトの性能アップにより5年後は活かせる可能性だってあります。
現に、フィルム時代では救う事が出来なかった写真を、現在では救う事ができます。
容量は確実に食いますが、RAWで保存しておいて悪い事は無いでしょう。

人気記事

初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド... Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いたで、初めてライトルームを使ったカメラパパですが、「Adobe Photoshop Lightroom5」の体験版ダウンロードから2ヶ月、2013年6月1...
LightroomでのRAW現像・書き出し・バックアップ方法【写真管理のワークフロー2】... Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】に続き、LightroomでのRAW現像からjpgデータへの書き出し方法を解説します。 Lightroom...
Lightroom mobileでiPadでのRAW現像はできるが使い勝手はいまいち... 先日(7日)にAdobeよりLightroomのバージョン5.4が公開されたのと同時にiPad用アプリもリリースされました。 Lightroom mobileは、iPad用アプリ単体では機能せず、A...
Lightroomを使ったテザー撮影ですぐにピントチェック... 一生に数回しか無いイベントでの撮影って1枚でも良い写真があれば、まだ諦められますが、カメラの設定が間違っていたりして全部失敗写真だった場合、後悔しても泣いてももう戻る事はできません。 そんな失敗...
Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】... 趣味で写真を撮っていても年間撮影枚数が数千枚にもなってくると、Lightroom無しでは写真管理が出来ないほど依存しているユーザーは多いと思います。 最初はとっつきにくいLightroomですが...
アドビのPhotoshop+Lightroomがずーっと1000円で利用出来る期間限定プログラム... 通常、CC(Adobe Creative Cloud)ライセンスのPhotoshopとLightroomだと、月額2200円のパッケージが期間限定(12/2)で、1000円になる期間限定プランが公開さ...
ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す... 一眼レフカメラを買った時に露出と絞り、ISO感度ともう一つ覚えておきたいのがホワイトバランスです。 室内で撮影した写真が、全体的にオレンジ色が強かったり、曇り空の浜辺での写真が寒々しい青が強い写...
複数台のパソコンと外付HDDでLightroomを使う場合の便利なワークフロー... 先日、Lightroom mobileがリリースされ、いつでも・どこでも現像ができる便利なインフラ時代が近づいている事を感じますが、データ容量関連:Lightroom mobileでiPadでのRAW...
スポンサード

関連記事

-写真上達, 写真管理
-

人気記事

星空の撮影は意外と簡単!?使えるレンズとカメラの設定方法... 星空の撮影って、すごく高度な技術が必要そうな感じがしませんか? でも、寒い夜に出かける気力さえあれば、意外と誰にでも素敵な星空が撮れるんです。 今回は、そんな星空撮影の方法についてご紹介します。 ...
Lightroomを使ったテザー撮影ですぐにピントチェック... 一生に数回しか無いイベントでの撮影って1枚でも良い写真があれば、まだ諦められますが、カメラの設定が間違っていたりして全部失敗写真だった場合、後悔しても泣いてももう戻る事はできません。 そんな失敗...
LightroomでのRAW現像・書き出し・バックアップ方法【写真管理のワークフロー2】... Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】に続き、LightroomでのRAW現像からjpgデータへの書き出し方法を解説します。 Lightroom...
一眼レフカメラを購入した時、一緒に買いたいカメラグッズ... 憧れの一眼レフカメラを手に入れたら、速攻で充電してパシャパシャしたいですよね? でもその前に。。 高価な一眼レフですから、レンズもボディにも傷が付かないようにしたい所です。 一眼レフ初心者の...
Lightroom mobileでiPadでのRAW現像はできるが使い勝手はいまいち... 先日(7日)にAdobeよりLightroomのバージョン5.4が公開されたのと同時にiPad用アプリもリリースされました。 Lightroom mobileは、iPad用アプリ単体では機能せず、A...
複数台のパソコンと外付HDDでLightroomを使う場合の便利なワークフロー... 先日、Lightroom mobileがリリースされ、いつでも・どこでも現像ができる便利なインフラ時代が近づいている事を感じますが、データ容量関連:Lightroom mobileでiPadでのRAW...
Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いた... デジタル写真の現代で、良い写真として世間に公開するのに、レタッチは写真技術と同等からそれ以上に必要なのでは無いかと日々感じております。 僕自身、趣味で写真をする程度ですが、広告用として使われている写...
初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド... Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いたで、初めてライトルームを使ったカメラパパですが、「Adobe Photoshop Lightroom5」の体験版ダウンロードから2ヶ月、2013年6月1...
スポンサード

関連記事

一眼レフカメラの練習

一眼レフを買ったらまず練習。分からない事を足していく

電化製品を買った後何をするか。 人それぞれだとは思いますが、僕はある程度、触って分からない事は説明書なりマニュアルを読む派です。 逆に、取説を読みながら、同時に操作をする派。 取説を熟読してから、いじ …

綿帽子シャープ

写真にシャープさを求める時、レンズの解像力と親指AFでのピント合わせを確認しよう

 僕は手ブレのし易い体質なのか、あまい写真が多く、家に帰ってからテレビに写真を写し家族で見ていると「これもか・・・」と、毎回ショックを受けていました。 まだまだ、シャープな写真が思い通りに撮れるわけで …

撮りためた写真を有効活用

写真をストックフォトで収益化してお小遣い稼ぎ

みなさんは、撮りためた写真をどのように活用していますか? プリントして写真立てに飾ったり、共有サイトにアップしたり、はたまたコンテストに応募したりなど、撮った後の楽しみ方は色々ありますが、趣味程度で撮 …

D300sのセッティング三脚使用

絞りだけでは無い!焦点距離によるボケの違いを知ってレンズ購入の目安に

レンズを評価する時「明るいレンズ」と言われる事がありますが、明るいとは「開放F値の数字が小さい」事を言っています。 F値は絞りを表す数字で、F値が小さいほど被写体の前後をぼかしやすくなります。 背景を …

ホワイトバランス設定微調整

ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す

一眼レフカメラを買った時に露出と絞り、ISO感度ともう一つ覚えておきたいのがホワイトバランスです。 室内で撮影した写真が、全体的にオレンジ色が強かったり、曇り空の浜辺での写真が寒々しい青が強い写真だっ …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

人気記事

まだデータがありません。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト

まだデータがありません。