カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真上達

一眼レフ交換レンズの特徴と選び方

投稿日:2013年4月11日 更新日: Day 80 - The Jack-of-All-Trades Lens / slgckgc

一眼レフを手に入れると、「もっと上達したい」「こういった写真が撮ってみたい」と写真に対する熱が込み上げてきます。
『レンズ沼』という言葉があるように、欲しいレンズがどんどん増え、レンズ集めが趣味になってしまう人もいます(カメラパパもレンズ沼にハマりつつあります・・・)
それだけ、レンズによって撮影出来る写真に違いがありますし、「良いレンズ」の定義は撮影者によって異なりますので、選んでいるその時間も楽しいです。
関連:シンデレラレンズを軸に自分におすすめのレンズシステムを考えよう!

レンズの種類

交換レンズを選ぶ時、一番重視するポイントは、焦点距離です。焦点距離とは『ピントを合わせたときの、レンズから撮像素子までの距離』と定義されていますが、よく分かりません・・・

例えば、Nikon D5200という機種をレンズとセットで購入すると『AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR』が付いてきますが、太字になっている部分が焦点距離を表しています。この数字が大きい程、遠くのものを拡大して写す事が出来、小さい程広い範囲を撮影する事ができます。このキットレンズの場合18-55mmと2つの数字で構成されていますが、これはズームレンズの場合、リングを回す事で、18mmの画角(大きさ)から55mmの画角までを撮影する事が出来るレンズである事を意味しています。

単焦点レンズ

単焦点Da New Lens 2 / charlesstarrett
上記ズームレンズとは異なり、ズームが出来ないレンズの事を『単焦点レンズ』と言います。単焦点レンズは、撮影出来る画角が決まっており、被写体を拡大して撮影する為には、撮影者が前に動いて撮影する必要があります。
利便性はズームレンズの方が有利ですが、単焦点レンズは綺麗なボケのある写真が撮れたり、ズームレンズに比べ安価な点からも、ズームレンズとは別物と考えた方が良いです。
また単焦点レンズの焦点距離は『AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G』。の様な形で、1つの数字で表示されています。
関連:一眼レフ初心者が単焦点レンズを買った方が良い件

焦点距離によるレンズの呼び方

焦点距離により、レンズの種類を大まかに分けて呼ばれる事がほとんどですので、目安として覚えておきましょう。

焦点距離
レンズの種類
21mm以下
超広角レンズ
24~35mm
広角レンズ
50mm
標準レンズ
85~100mm
中望遠レンズ
135~300mm
望遠レンズ
400mm以上
超望遠レンズ

50mmのレンズが標準レンズとされているのは、50mmレンズでの画角が人が実際に見ている画角に近い為です。
また、特殊なレンズとして、魚眼レンズやマクロレンズもあります。

エントリーモデルでの注意点

すこしややこしい話しになってしまいますが、デジタル一眼レフカメラのエントリー機種(ボディーの価格が20万程度まで)の場合、レンズに表示してある焦点距離に約1.5倍を掛けた数字が、撮影出来る画角となります。
上記表では50mmが標準レンズになっていますが、エントリー機種の場合、35mmの焦点距離が標準レンズという事になります。

センサーサイズと焦点距離
これはどういう事かと言うと、カメラ内のセンサーの大きさが違う為です。センサーが大きい分、捉える情報量も大きくなり、光の階調をより豊に表現する事ができます。またサイズが大きければ、その分画角が広くなり、焦点距離も長くなるという理屈が存在します。
エントリーモデルでは、このセンサーサイズが、高級カメラに比べ小さ(約半分)く、その分画角が狭く(焦点距離が長く)なります。

文章などで「フルサイズ換算」や「35mm換算」という表現を使いますが、一般的には、焦点距離の表記はフルサイズ換算で表示されています。

明るいレンズって?

明るいレンズAF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 149,800レンズ選びでは、欲しい画角を焦点距離で選ぶだけではありません。ある程度焦点距離が決まったらどの程度明るいレンズにするかを決める必要があります。
よく言われる『明るいレンズ』とは、光を取り込みやすい事を指しています。レンズの表記では『AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR』この太字部分で確認する事ができ、fで表現されている数字が小さい程、光が多く取り込めるレンズとなります。
これは、一眼レフ初心者が単焦点レンズを買った方が良い件
一眼レフ基礎|「絞りF値」「シャッタースピードSS」をマスターするで詳しく書いています。

『AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR』と『AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G』では、『35mm f/1.8G』のレンズが明るいレンズとなります。
明るい事で、シャッタースピードを稼ぐ事が出来るので、室内や薄暗い場所でもISO感度を上げずに撮影する事ができます。
また、最大の特徴は、f値が小さいほど、大きなボケを演出する事ができます。

明るいレンズには悪い事が一つもありませんが、大きな問題はレンズの金額です。
一般的に明るいレンズほど高額になり、明るいズームレンズとなると非常に高価な為、カメラパパは、明るいレンズを購入する時は単焦点レンズのみを買っています。

まとめ

カメラ機材の購入は、選んでいる時も迷って迷ってそれでも迷って楽しむ事ができます。
レンズによって、作品の味が変わるので使ってみなければ本当の良さは分かりません。しかし、高い買い物ですので、実際に欲しいレンズで撮影された写真を見てどんどん悩みましょう!
ニコン単焦点AF-S 85mm f1.8Gを購入したのでレビュー

レンズによる作品が見られるサイト

  • PHOTOHITO レンズ別作例
  • あっ、この時、使ってるカメラ(センサーサイズ)の確認もしましょう!分からない場合は、自分と同じカメラから検索する方が良いと思います。

    スポンサード

    関連記事

    -写真上達

    関連記事

    直射

    初心者でも簡単!外付けストロボに負けない内蔵フラッシュの使いこなし術

    一眼レフカメラにくっついている内蔵フラッシュ。 暗いからと言って、使うとどうしても『フラッシュを炊きました』といった写真になってしまいます。 写真関係の本やサイトでも、「できるだけ内蔵フラッシュを使わ …

    カメラの初期設定忘れてませんか?

    デジタルカメラを買ったら実行する8個の初期設定まとめ

    デジタルカメラは、買ってすぐに撮影する事ができますが、初期設定を最初に行っておけば、より快適に使いはじめる事ができます。 また、設定でカメラをいじっているうちに使い方も覚えますので一石二鳥。 設定内容 …

    明るいレンズって何?

    明るいレンズ・暗いレンズ|一眼レフ初心者のレンズの選び方

    一眼レフカメラとキットレンズを購入してしばらくすると、新しいレンズが欲しくなります。 「どんなレンズにしようかなぁ」とレンズを物色していると『明るいレンズ』や『暗いレンズ』といった言葉を耳にする事にな …

    8664147171_3a95715e97_z

    レフ板を使って一歩上の写真撮影

    レフ板とは、撮影時に被写体へ光を反射させ、影を取り除いたり、特定の場所に光を当てたりする、反射板の事を言います。 ポートレートや室内での子供撮影、料理撮影など幅広く使用する事の出来る機材ですが、レフ板 …

    綿帽子シャープ

    写真にシャープさを求める時、レンズの解像力と親指AFでのピント合わせを確認しよう

     僕は手ブレのし易い体質なのか、あまい写真が多く、家に帰ってからテレビに写真を写し家族で見ていると「これもか・・・」と、毎回ショックを受けていました。 まだまだ、シャープな写真が思い通りに撮れるわけで …

    スポンサード

    人気記事

    LUMIX DMC-GX7C-S

    一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

    写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

    管理人について

    「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

    SNSフォローボタン
    FacebookGoogle+TwitterRSS

    運営サイト

    お友達サイト