カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

レタッチ/加工

ミニチュア風写真(ジオラマ)の撮り方と作り方

投稿日:2013年12月11日 更新日: ミニチュア風写真

最近はiPhoneアプリの「ミニチュア風トイカメラ – Art & Mobile」などで誰でも簡単にジオラマ風の加工ができるにようになりましたが、ここは一つ、これまでに撮影した写真を使って、パソコンでミニチュア写真を作ってみませんか?

そもそもジオラマって?

もともと、ジオラマ写真って特殊なレンズだけで撮影できる事をご存知ですか?
現在一般的なミニチュア写真は、加工しやすい素材を使い、撮影後にソフトで仕上げる方法ですが、「アオリ撮影(逆アオリ撮影)」という撮影方法で撮る事が出来ます。

アオリ撮影は、商品などの撮影で、全てにピントを合わせたい時、ティルト・シフトレンズを使いますが、その逆の効果で、ごく一部にしかピントを合さないことも可能です。

ジオラマ風写真を撮影するには、ティルト・シフトレンズを購入するか、撮影後にアプリやPhotoshopなどのソフトで修正する2つの方法があります。
そして、今回は後者の今持っているレンズでもできるジオラマ加工の行い方を解説します。

▼参考サイト▼
広告写真に必須のレンズ・PC-E NIKKORレンズシリーズ
TS-pro アオリ撮影の効果
ミニチュア撮影をしてみました

上手なジオラマ風写真にするコツ

ジオラマ風に仕上げる素材に選びは、いくつかのポイントがあります。

  • 高い所から撮影されている
  • コントラストの差がある構図
  • 物や人が構図内に入っている
  • 風景
  • 引き目の構図

こんな感じのポイントで、当てはまるものが多い程、出来栄えがよくなります。
人物やものをアップで撮影したものなどは、加工後もミニチュアには見えず、単に被写界深度が浅い写真となります。

加工方法

今回は、Photoshopでの加工方法をご紹介します。
無料で同様の加工ができるソフトではGimpが有名ですね。

まずは、加工をする写真を準備します。
ジオラマ加工のベースとなる写真

1.写真を読み込んだら、「レイヤー」→「新規」→「背景からレイヤーへ」を選択。適当な名前を付けます。
背景からレイヤーへ

2.メニューバーの「イメージ」→「色調補正」→「色相・彩度」を選択し彩度のバーを右に動かします。
数字が40から60程度くらいまで動かしましょう。彩度を上げる

3.ボカす所とボカさないの堺を引く為に、グラデーションツールを使います。
メニューからグラデーションツールを選択し、クイックマスクを使用にします。
クイックマスク使用

4.グラデーションツールで素材を縦になぞります。
色の付いた場所がボカさない場所となるので、バランスを見て何度か調整してください。グラデーションツール

5.「3」と同じ「クイックマスク」のボタンを押し、解除します。キーボードの”Q”でも可能です。
 色が消え、破線が残ったら「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(レンズ)」を選択します。
ぼかしレンズ

新しくウィンドウが立ち上がります。
ぼかし

半径のバーをスライドさせると、ボケの適用がプレビューに反映されますので、調整します。
半径

完成したジオラマ風写真

ziorama-lage
こんな感じで完成です。
四隅を暗くしたり、ノイズを加えたりする事でもっと本格的に作りこむ事も出来ます。

最近Photoshop CCを手に入れたので、レタッチや加工が本格的にできるようになり、ついつい時間を忘れて遊んでしまいますが、やっぱり元の素材しだいで加工は大きく変わるものですね。
知ればしる程写真の奥深さを体感できるので、楽しくてしょうがありません♪
関連:アドビのPhotoshop+Lightroomがずーっと1000円で利用出来る期間限定プログラム

スポンサード

関連記事

-レタッチ/加工
-

関連記事

HDR撮影

オートブラケティング撮影からHDRで明暗差のある写真を1枚に合成する方法

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、明暗差が大きい同じ構図の写真複数枚を合成して1枚の写真に見せる技法です。 カメラは人間が見たものを正確に写真に写す事が出来ません。 構図の中に極端に明るいもの …

デジイチはじめてガイド

デジタル一眼レフカメラの購入前・買ったらまず読むページ

iPhoneなどの高機能携帯カメラとは別に、ファンション感覚としても一眼レフカメラを首から下げている人をよく見るようになりました。 せっかく買ったカメラですから、どうせなら良い写真が撮れるようになりた …

Capture NX-Dアイコン

Capture NX-Dベータ版公開!Nikonユーザーも無料で高機能なRAW現像が可能になりました

これまでニコンユーザーはNikon機を購入すると、同梱された『View NX2』を使い、簡単な画像補正やレタッチを行っていました。 しかし、増え続ける大量の写真をView NX2で管理をしていると、動 …

Picasa

Picasaの写真加工機能がとっても簡単で無料なのに素敵だった件

先日友人宅で写真編集をする必要があり、日頃使っているLightroomやPhotoshopがインストールされていなかったので、写真共有サービスを使って上手に写真を保管する方法で紹介した「Picasa」 …

Lightroomプリセットで現像

1Clickでプロ級写真に変身!Lightroomプリセットで簡単写真加工(レタッチ)

みなさんは、撮影した写真をどのように現像していますか? 僕は、ブログなどで使う写真は、サクサクっとLightroomのプリセットを使って好みの仕上がりに調整しています。 予めプリセットを登録しておけば …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト