カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

テクニック レタッチ/加工

オートブラケティング撮影からHDRで明暗差のある写真を1枚に合成する方法

投稿日:2013年12月10日 更新日: HDR撮影

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、明暗差が大きい同じ構図の写真複数枚を合成して1枚の写真に見せる技法です。

カメラは人間が見たものを正確に写真に写す事が出来ません。
構図の中に極端に明るいものと、暗いものがあると、その片方もしくは中間に露出を合わせて撮影されます。
そのため、一部が黒く潰れてしまったり、白く飛んでしまった写真になってしまう現象が起こります。

これらはカメラの特性なので、特性を理解し撮影を行っていく必要がありますが、あえて、明暗差の大きい被写体を異なる露出で撮影し、1枚の写真にすることで、暗い所と明るい所の両方を表現する事が可能です。
また、1枚の写真からHDR風に仕上げる表現方法もあります。

HDRの方法

素材の準備

異なる露出で撮影をした、同じ構図の写真が必要になります。
1枚の写真をアンダー気味、ハイキー気味にしたものを使った場合でもHDR風な写真を作る事は出来ますが、事後修正したデータでは失ってしまった情報までは復元する事は出来ませんので、異なる露出で撮影した3枚以上の写真を準備しましょう。

ブラケット撮影

撮影した後に合成処理をするHDRは、同じ構図で撮影されたものでないと、ぶれてしまいますので、三脚があった方が良いです。
それと、カメラ側の設定で「オートブラケット撮影」を行うと便利です。
ブラケティング撮影は、連続した写真を異なる露出で撮影するもので、露出をー0.5段→0段→+0.5段と3枚連続して撮影する事が出来ます。
露出の幅と、撮影枚数は予めカメラ側で設定で設定する事ができます。
3枚のブラケット写真

使用ソフト

ブラケット撮影をした3枚か5枚の素材を加工ソフトを使って、合成を行います。
HDRが簡単にできる有名なソフトに「Photomatix」があります。
有料版(8,500円)のものと無料版があり、無料版には保存する写真に”透かし”が入ります。

また、PhotoshopかPhotoshopElementsを持っている方は有料プラグインの「Topaz Adjust」を持っておくと、見違えるような仕上がりになります。

もうひとつ、無料でつかえるHDRソフトとして「Luminance HDR」というものがあります。
僕は、フォトショもPhotomatixも持っているので使った事がありませんが、今回はソフトによる合成の違いも検証する為、ダウンロードをしてみました。

Photomatix

まずは、無料のPhotomatixをダウンロードしましょう。
ダウンロードして、ソフトを起動したら、素材となる3枚の写真を選択します。
3枚の写真を選択

hdr2

合成する際の細かい条件などを設定していきます。
調整

合成が終わるとプレビューデータが表示されます。
Photomatixプレビューデータ
細かい調整も出来ますが、僕はHDRerではないので、デフォルトで入っているプリセットで満足だったりもしています。
右に表示されるプリセットから自分のイメージに合うものを選び、処理を実行を押します。

完成したデータがこれです。
HDR完成データ
かなり、ディティールが損なわれていますが^_^;
画像の合成から完成まで1分程度でこんな感じのものが作れます。

PhotoshopでHDR

Photoshopを持っていれば、数クリックでHDRが実行できます。
Photoshop HDR

先ほどと同じように、異なる露出で撮影した3枚の写真を選択します。
ps-hdr2

自動で処理が始まり、出来た写真がこれです。
Photoshop HDR完成

Photomatixで作成したものと色みが全く異なりますね。
関連:アドビのPhotoshop+Lightroomがずーっと1000円で利用出来る期間限定プログラム

Luminance HDR

ちょっといじってみましたが、保存方法がよく分かりませんでした^_^;
一応作った画像を参考に載せておきます。
Luminance HDR

使いやすいソフト

HDRに特化していて有名な「Photomatix」がHDR風に仕上げるのにも一番使いやすいです。
その後、「Photoshop」や「Topaz Adjust」で微調整を加える事でより雰囲気のある作品を作りこむ事が出来ます。

Photomatixで作成したjpgファイルを、TopazAdjustで調整した写真がこちらです。
TopazAdjust調整後

上手なHDR写真にするために

撮影した写真を加工すればするほど、データが破損していきます。
破損すると見た目にもノイジーになっていきます。特にjpgファイルは、加工・保存を繰り返す度に劣化が起こります。
HDRソフトで合成したものを、Photoshopで加工するより一度にその処理を済ませた方が劣化が起こりにくくなります。

また、より劣化を抑える為には、RAWで撮影し、RAWデータのまま修正を行います。
これによりjpgで同じ処理を行う場合と比べ、劣化は驚く程少なくなります。
(参考:JPEGの画質劣化 – CyberLibrarian
関連:1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう

HDRの勉強ができるサイト

HDR Works

HDR Works
HDRに興味を持ちだしたら、絶対におさえておきたいサイトです。
ソフトの使い方から、実践で使えるテクニックまで掘り下げた情報が魅力です。

HDR写真ブログ/HDRiな生活

HDR写真ブログ/HDRiな生活
Shimadaさんが運営する、HDRやストックフォトに関するブログ。
HDRに関しては深すぎる程深い記事がためになります。また、フォトストックでの稼ぎ方なども実用的です。

まとめ

建物や複雑な線が多い被写体は、HDR向きで、自然などはHDRや人物などはHDRには向かない被写体みたいです。
僕はたまに遊ぶ程度ですが、HDRを知らない人に見せると結構ウケがいいですよ♪

スポンサード

関連記事

-テクニック, レタッチ/加工
-


  1. […] おすすめですよ。オートブラケティング撮影からHDRで明暗差のある写真を1枚に合成する方法 […]

関連記事

a0001_010051_m

運動会の写真を上手に撮る方法

9月、10月は子供の運動会が行われるシーズン。 年に1回の行事ですし、普段子供が過ごしている学校や幼稚園での様子を見るめったに無いチャンスでもあります。 一生懸命にダンスや駆けっこをしている瞬間をしっ …

直射

初心者でも簡単!外付けストロボに負けない内蔵フラッシュの使いこなし術

一眼レフカメラにくっついている内蔵フラッシュ。 暗いからと言って、使うとどうしても『フラッシュを炊きました』といった写真になってしまいます。 写真関係の本やサイトでも、「できるだけ内蔵フラッシュを使わ …

Feedly表示例

写真ブログやフォトコンテストの効率的な情報収集とクリップ方法

当ブログにアクセスをして頂いている方の多くは、日頃インターネットから情報収集をされている方々だと思いますが、自分の好きなブログやニュースサイト、フォトコンテストの更新情報はどの様に確認していますか? …

Capture NX-Dアイコン

Capture NX-Dベータ版公開!Nikonユーザーも無料で高機能なRAW現像が可能になりました

これまでニコンユーザーはNikon機を購入すると、同梱された『View NX2』を使い、簡単な画像補正やレタッチを行っていました。 しかし、増え続ける大量の写真をView NX2で管理をしていると、動 …

デジイチはじめてガイド

デジタル一眼レフカメラの購入前・買ったらまず読むページ

iPhoneなどの高機能携帯カメラとは別に、ファンション感覚としても一眼レフカメラを首から下げている人をよく見るようになりました。 せっかく買ったカメラですから、どうせなら良い写真が撮れるようになりた …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト