カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

Nikon D800EとD800 or D600を比較検討に役立つ画質やレビュー記事のまとめ

投稿日:2013年12月7日 更新日: D800,D600比較

最近無性にフルサイズ機が欲しくなりだしました。
現メイン機のD300sに不満があるわけでは無く「全ては腕の問題だ!」
と考えてきましたが、D800での作例を見ると、やはり美しい。

当然、その機種を使っている方々は、写真の基本がしっかりと分かっている為、D300のユーザーに比べれば腕も上なのでしょうがやっぱり、「綺麗です」。

そして、このスペックとしては値段も割安感があります。
しかし、高い事に違いはありません。D600もどうかなぁと、いろいろ検討をしている最中であります。
そんな比較
関連:Nikon D800レビュー|フォトコン入選で買えた!写真を撮るのが楽しくてたまらないカメラ

D610とD800の比較

製品名 D610 D800

発売時の価格 \200,000 \300,000
メーカー ニコン ニコン
発売日 2013年10月19日 2012年03月22日
注目機能
  • 有効2426万画素
  • シャッターユニット変更
  • 連射性能 6コマに改善
  • 静音連射 3コマ秒
  • オートホワイトバランスの精度向上
  • 世界最高 有効3630万画素センサー搭載
  • 91KピクセルRGBセンサーで高精度の測光
  • 拡張 ISO25600
  • EXPEED 3
  • 14bit A/D変換、16bit画像処理
  • 低反射、広視野角3.2型液晶モニター
  • 視野率100%のファインダー
マウント ニコンFマウント ニコンFマウント
ボディ外装 マグネシウム マグネシウム合金
画像処理エンジン EXPEED 3 EXPEED 3
画素数
有効画素数
2,466 万画素
有効 2,426 万画素
3,680 万画素
有効 3,630 万画素
映像素子:企画
映像素子:サイズ
映像素子:種類
フルサイズ
35.9 ~ 24.0
CMOS
フルサイズ
35.9 ~ 24.0
CMOS
画素ピッチ 6 μm 4.9 μm
ローパスレス
ISO感度 100 ~ 6400
[拡張感度 : 50 ~ 25600]
100 ~ 6400
[拡張感度 : 50 ~ 25600]
[ISOオート : 50 ~ 25600]
記録フォーマット JPEG
RAW
JPEG
RAW
TIFF
連射性能 6.0 5.0
連続撮影コマ数 RAW : 14~
JPG : 51~
RAW : 16~
TIFF : 16~
JPG : 56~
レリーズ耐久テスト 150000 200000
シャッター形式 フォーカルプレーンシャッター フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード 1/4000 ~ 30 1/8000 ~ 30
モニタサイズ 3.2 inch 92 万ドット 3.2 inch 92 万ドット
サブモニタ
タッチモニタ
AF方式 位相差AF 位相差AF
AFセンサー マルチCAM4800 アドバンストマルチCAM3500FX
AF測距点数 39点
(クロスタイプ 9点)
51点
(クロスタイプ 15点)
AF輝度検出範囲 -1.0 ~ 19.0 -2.0 ~ 19.0
AFエリア シングルポイントAF
ダイナミックAF(9点、21点、39点)
3D-トラッキング
オートエリアAF
シングルポイントAFモード、ダイナミックAFモード(9点、21点、51点)
3D-トラッキング
オートエリアAFモード
AFモード オートフォーカス(AF):
シングルAFサーボ(AF-S)
コンティニュアスAFサーボ(AF-C)
AFサーボモード自動切り換え(AF-A)を選択可能
被写体条件により自動的に予測駆動フォーカスに移行
・ マニュアルフォーカス(M):
フォーカスエイド可能
・オートフォーカス:
シングルAFサーボ(AF-S)
コンティニュアスAFサーボ(AF-C)
被写体条件により自動的に予測駆動フォーカスに移行
・マニュアルフォーカス(M):
フォーカスエイド可能
AF補助光
タッチAF/シャッター
AFその他機能 静音連射機能 : 3コマ/秒
測光方式 2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式 91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モード マルチパターン測光:
3D-RGBマルチパターン測光II (G、EまたはDタイプレンズ使用時)
RGBマルチパターン測光II (その他のCPUレンズ使用時)
RGBマルチパターン測光(非CPUレン
・マルチパターン測光:
3D-RGBマルチパターン測光Ⅲ(GまたはDタイプレンズ使用時)
RGBマルチパターン測光Ⅲ(その他のCPUレンズ使用時)
RGBマルチパターン測光(非CPUレンズのレンズ情報
測光範囲 マルチパターン測光
中央部重点測光:0~20 EV
・ スポット測光:
2~20 EV(ISO 100、f/1.4レンズ使用時、常温20℃)
・マルチパターン測光
中央部重点測光:0~20EV
・スポット測光:
2~20EV(ISO 100、f/1.4レンズ使用時、常温20℃)
露出補正 P、S、A、M モード時に設定可能
範囲:±5段
補正ステップ:
1/3、1/2ステップに変更可能
範囲:±5段、補正ステップ:1/3、1/2、1ステップ
ファインダー形式 ペンタプリズム ペンタプリズム
ファインダー視野率(上下/左右) 100 x 100 100 x 100
ファインダー倍率 (35mm換算) 0.7 0.7
EVF
防塵/防滴
防水/耐衝撃
ボディ内手振れ補正
手振れ補正方式
ゴミ取り機構
ライブビュー
バリアングル
内蔵ストロボ
バルブ撮影
インターバル撮影
セルフタイマー 20
10
5
2
20
10
5
2
クロップモード DX 1.5× 1.2×
DX 1.5×
5:4 1.1×
Wi-Fi
Eye-Fi対応
NFC
動画記録サイズ/フレームレート 1920×1080 [30p/25p/24p]
1280×720 [60p/50p/30p/25p]
■最長記録時間
最長29分59秒
1920×1080 [30p/25p/24p]
1280×720 [60p/50p/30p/25p]
ファイル形式 MOV MOV
圧縮方式 H.264
MPEG-4AVC
H.264/MPEG-4AVC
音声記録形式 リニアPCM リニアPCM
サイズ(幅x高さx奥行き) 141 x 113 x 82 146 x 123 x 82
重さ 760 g 900 g
インターフェース USB2.0
HDMI
USB3.0
AV出力
HDMI
電池/電池型番 EN-EL15 EN-EL15
参考撮影枚数 900 900
対応記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
コンパクトフラッシュ
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
RAW+JPEG同時記録
総合評価 94 95
ポートレイト (色深度) 25.1 25.3
風景(ダイナミックレンジ) 14 14
スポーツ(限界ISO感度) 2925 2853
posted with Hitooshi

D800EとD800の比較レビュー

【リベンジ!】D800 vs D800E!ズミクロンR35mmをつけてガチ比較★フルデータDL有! | 使える機材 Blog!
D800と800Eの画質比較。元データもアップされていてダウンロードして確認する事が出来ます。
確かに、800Eの方がエッジがシャープだと思いますが、写す物によっては全く分かりません。

Nikon D800,D800Eそんなに違う? : 釣り・ときどき自転車!
じっくりと見れば分かる程度、等倍はわかります。

Nikon D800-D800E First Comparison
海外記事で、文章は読めないので何が書かれているかは僕には分かりません(T_T)
画像で確認出来ます。

カラーマネージメントしてる? – デジカメWatch
アンケートによるユーザーの購入意識調査が公開されていますが、D800がわずかに優勢です。

D800

ニコンD800レビュー:期待ハズレだけど凄い! 36.3MPのモンスター : ギズモード・ジャパン

ニコンD800は際立った画質だが、性能を引き出すにはテクニックとよい機材が必要 – デジカメinfo
DP Reviewという海外のレビューサイトを焦点を絞ってわかりやすく翻訳しています。

D800画質比較 – 晴れ,時々BUHI!!
珍しい記事。PhaseOneとD800の画質比較が見れます。
200万のカメラバックと30万の機種比較でも、D800の画質は素晴らしい事が分かりました。

これからD800を手に入れる方々へ : blackeyes photo blog
D800と言うカメラの都市伝説 / ver.2.1 : ryuseiz eX3.3
D800の世の中で言われている事の間違っている事を分かりやすくまとめられています。

ニコン Nikon D800の徹底レビュー フルサイズ・デジタル一眼レフ /monoxデジカメ比較レビュー
D800本体の開封レビュー記事。細部に渡り写真で解説されているので、細かな操作性のイメージがしやすいです。

GANREF | 【ニコンD800レビュー】 ⑧ D800 のここがイイ、ここがダメ
良い点だけでは無く、悪い点もレビューされているのでとても分かりやすい記事です。

D600とD610

D800(E)の下位モデルであるD600は10万円台前半で買えるフルサイズ一眼です。
僕がD300sを買った時と同じ価格かそれより安くフルサイズを持てるのはこれからステップアップを考える人にとってはありがたいこと。
ニコン 「D600」と「D610」の比較 | カメラ比較.com 【カメラの比較とデジカメ情報サイト】
D600とD610の差は、連写速度と連写時の静音シャッター、オートホワイトバランス。

ニコン D610 ? 「連写枚数」が増えて「連続撮影可能コマ数」が減るとは? – Nire.Com
D610は連写速度が向上したが、バッファサイズがD600と同等の為、連写可能コマ数はD600に劣る。

ニコン D610 vs. キヤノン EOS 6D 【ライバル対決】
D610とキヤノンEOS6Dの比較。性能比較などもあり、大変参考になる記事です。

思った事

D800(E)は高画素すぎるので、
・まともに撮るには三脚が必要
・腰を据えて撮る
というレビューを目にしますが、これって、D800だからという事では無く、D800の高画素が手ブレや被写体ブレをする事で生かし切れないという事なんだと思うんですよね。
だって、どんな機種で撮っても、手ブレは同じ手ブレです。D800は倍ブレるなんて事は無いわけです。

まとめ

  • D800はD600と比べ、高感度に弱く色々なサイトの評判を見るとISO 1600程度がノイズが気にならない範囲。
  • D800EとD800はA4程度のプリントで差は分かりにくい
  • D600は親指AFが使えない
  • 3600万画素のRAWデータで記憶メディアがすぐ容量一杯になる
  • テレコン代わりに使えるクロップが便利そう(DXレンズも使用可能)
  • D800で撮影した高画素なファイルは最新PC程度のスペックが必要そう
  • D800の性能を最大限生かす為には、高価なレンズが最適だが、必ずしもそれがなければ生かせない訳ではない

大手媒体等では、「D600を持てばD800の必要性が無くなる」などの評価も書かれていますが、使った方のレビューなどを読めば読むほど、別物である事が分かります。
また、D800EかD800かでは、撮る被写体によって得意・不得意がありそうですが、その差は小さそう。

金額もそれなりなので、いろいろなサイトを見て自分なりに研究してみた結果、
「D800が欲しい!」
と感じております。

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ
-

関連記事

七五三の髪飾り

七五三の撮影の為にいろいろと写真グッズを購入しました

娘も3歳になり、1回目の七五三の季節になりました。 女の子は2回七五三があるので、少し気が楽ですが、失敗したくないイベントの1つです。 どういう流れでイベントが進んでいくのかを考え、撮りたい写真をイメ …

悩み

無料でカメラ・レンズを貸してくれるモノフェローズに申込んでみた

使っている方の口コミはとても参考になります。 買った後に、予想以上に重かったり、イメージしていた画角と違ったりなんて事をある程度は未然に防げます。 僕もちょっと高価なものを買う時には、ネット上の口コミ …

一眼レフカメラ選び

初心者が一眼レフを購入する時の参考

一眼レフを購入する時、どういった機種・価格帯にすれば良いかよく分かりませんよね? ランキングサイトを見ても、細かい機械の機能を例にされている事が多いので、ちょっと敷居が高く感じる人も多いはずです。 私 …

Eye-Fi 16GB Class10

SDカード(SDHC)によって違う連射可能枚数!高速SDHCカードのベンチマーク結果

 娘の七五三で良いカットを少しでも増やそうと購入した、D300sバッテリーグリップですが、1?7枚程度までの撮影速度は確かに早くなりました。 ただ、8枚以上を連射で撮影しようとしても、シャッターが切れ …

レンズ交換

ゴミの混入を極力防ぐ一眼レフ、レンズ交換取り付け方法

慣れない一眼レフのレンズ交換。 ゴミが入るのが怖くて、買った時のレンズをつけっぱなしにしている方も多いと聞きます。 でも、一眼レフはレンズを交換する事を前提としたカメラで、レンズを変える事で写真の表現 …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト