カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

SDカード(SDHC)によって違う連射可能枚数!高速SDHCカードのベンチマーク結果

投稿日:2013年11月20日 更新日: Eye-Fi 16GB Class10

 娘の七五三で良いカットを少しでも増やそうと購入した、D300sバッテリーグリップですが、1?7枚程度までの撮影速度は確かに早くなりました。
ただ、8枚以上を連射で撮影しようとしても、シャッターが切れない!
関連:七五三の撮影の為にいろいろと写真グッズを購入しました

Class⑩の高速カードを使っているのに

SDカードの書込速度を表す単位に「Class」というものが使われます。
(関連:一眼レフカメラを購入した時、一緒に買いたいカメラグッズ
Classの後ろに表記されている数字が大きければ、書込速度が早くなります。

僕が今持っているSDカードは、6枚で、通称「白芝」とか言われている、東芝の白いSDカードが5枚。
3枚は8GB Class10、2枚は4GB Class6です。

また、Eye-Fi(アイファイ)とiPad連携の写真管理が便利すぎるで書いた、16GB Class⑩の

が1枚あります。
今回試したのは、もちろんClass10の白芝とEye-Fiですが、どうしても8枚以上の連射ができません。

Classで表される数字は、そのSDカードの速度が最低 ○MB/秒を保証するというものです。
Class10の場合は、10MB/秒が保証されています。

仮にSDカードが1秒に10MBしか転送できない場合、RAWで撮影したデータは1枚の写真で20MB近くのファイルサイズになりますので、2秒で1枚の写真がカードに転送される事になります。
転送されるまでは、次の撮影ができなくなるので、これをある程度防ぐ為、カメラ本体にはバッファメモリと呼ばれる、データの一時待機場所が存在します。

バッファメモリの容量は機種によって異なりますが、バッファメモリからSDカードへの転送が追いつかずバッファメモリも一杯になってしまうと、シャッターが切れなくなってしまいます。

ですので、連射を頻繁に使う場合、

  • カメラ側のバッファメモリの容量が十分にあるか
  • 記憶媒体への転送速度が早いか(転送規格(カメラ側))
  • 記憶媒体自体の書込速度が早いか

の3点がポイントとなります。

Classが同じでも性能は雲泥の差

SDHCカードで最速のスピードを体感する為には、Class10を使えば良いと思っていましたが、それは違いました。
同じClassでも製品によって、読み書きの速度が全く異なります。
例えば、僕の持っている『Eye-Fiの16GB』と『東芝の8GB』はどちらもClass10です。

ベンチマーク

体感では、Eye-Fi16GBの方が連続撮影枚数が多かったのですが、数字で見る為に2つのカードの性能を比較してみました。
※ベンチマークは測定したPCの性能によって差が出ます。

東芝8GBの読み書き速度

TOSHIBA 8GB Class10
書込速度:18.5MB/秒
読込速度:21.8MB/秒

Eye-Fi16GBの読み書き速度

Eye-Fi 16GB Class10
書込速度:20.5MB/秒
読込速度:22.1MB/秒

同じClass10でも書込速度では1秒当たり、2MB違います。

高速と噂の「サンディスク エクストリームプロ」を検討

書き込み時に最大で90MB/秒を実現するサンディスクプロは『UHS-I規格』で、規格上104MB/秒の転送速度まで対応する「高速バスインターフェイス」。
D300sにはSDカードスロットと、コンパクトフラッシュストットがあり、CFカードの方がデータの高速転送ができますが、高価な為、SDカードを使用しています。

今回もSDカードでより高速なものを探してみましたが、残念な事にD300sがUHS?I規格には対応していないので、サンディスクプロを使っても90MBの速度は出ないようです。

高価なコンパクトフラッシュか

先日発売されたNikon D5300もそうですが、一眼レフのエントリーモデルでは、SDカードのみが使える記憶媒体という事は珍しくありません。
しかし、ハイエンド機になると、コンパクトフラッシュ+SDカード、コンパクトフラッシュ?2など、CFカードが使えるもしくはCFカードしか使えなくなります。

僕の持っているD300sもSDカードスロットとCFカードの2枚同時に記録する事ができるようになっていますので、速度を求めるのであれば、CFカードの方が良いのでしょうが。
高いんですよね。。。

せっかくバッテリーグリップ(MB-D10)を手に入れたので、連射を活かそうと思ったらまたAmazonでポチっとしてしまいそうです(^_^;)
転送速度は、連射撮影を多様しない場合は、あまり意識しない事ですが、子供を撮影する場合連射する事で、良い写真が確実に増えますので、連射おすすめですよ♪
関連:SDカードの選び方(SDHC)|デジタルカメラにおすすめカードはコレ!

スポンサード

-カメラグッズ

関連記事

レンズ交換

ゴミの混入を極力防ぐ一眼レフ、レンズ交換取り付け方法

慣れない一眼レフのレンズ交換。 ゴミが入るのが怖くて、買った時のレンズをつけっぱなしにしている方も多いと聞きます。 でも、一眼レフはレンズを交換する事を前提としたカメラで、レンズを変える事で写真の表現 …

水遊びキャプチャ

1万円代で買える防水機能付きデジタルカメラランキング

夏本番!年々夏が熱くなってきている気がするのは私だけでは無いと思いますが、お子さんをお持ちのパパママさんは、せっかくの子供の夏休みにはどこかに連れて行ってあげたいと思いますよね。 夏の定番と言えば、海 …

Lightroom5

初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド

Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いたで、初めてライトルームを使ったカメラパパですが、「Adobe Photoshop Lightroom5」の体験版ダウンロードから2ヶ月、2013年6月1 …

ニコンD5200ダブルズームキット

ダブルズームレンズキットを一眼レフ初心者が買ってはいけない理由

初めて一眼レフを買う時、多くの人がレンズキットかダブルズームキットでの購入を検討すると思います。 かくいう僕も、NikonのエントリーモデルD5000のダブルズームキットを買い、一眼レフデビューをしま …

前玉

シンデレラレンズを軸に自分におすすめのレンズシステムを考えよう!

シンデレラレンズという言葉を聞いた事がありますか? シンデレラレンズとは、安くて写りが良いレンズの事です。 普通、一眼レフを買った時についてくるレンズはキットレンズといいますが、シンデレラレンズに変え …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト