カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

七五三の撮影の為にいろいろと写真グッズを購入しました

投稿日:2013年11月15日 更新日: 七五三の髪飾り

娘も3歳になり、1回目の七五三の季節になりました。
女の子は2回七五三があるので、少し気が楽ですが、失敗したくないイベントの1つです。
どういう流れでイベントが進んでいくのかを考え、撮りたい写真をイメージしていくと、不思議と物欲も湧いてきます(^_^;)

七五三の起源

江戸時代に始まった神事である為、旧暦の数え年で行うのが正式となる。 ただし、神事とは、感謝をささげ祝うことが大切であるため、現在では、時期にこだわりすぎず満年齢で行う場合も多い(どちらでもよい)。出雲大社に神が集まるとされる、神在月(他の地方では「神無月」)に、7+5+3=15で15日となり11月15日となったと言う説もあるが、実際には曖昧。

Wikipedia

七五三の武器

縦撮影が多くなりそう

普段着ない着物をしっかりと写したいので、縦構図が多くなると思います。
そこで、以前から欲しかったNikon D300s用バッテリーグリップを購入しました。

バッテリーグリップをD300sに装着すると縦に構えた時でもしっかりとホールドする事ができるらしいので、ポートレートでは役立ちそうなアイテムです。
また、このグリップに単3電池を8本入れると連射速度が1秒6コマから、1秒8コマに。

室内ライティングを意識

写真館で撮ったようなイメージカットを自宅でも撮ってみたくなりました。
室内でのイメージ撮影にはライティングがかかせません。Nikonのスピードライト(外付フラッシュ)SB700
を持っていますが、スピードライトをボディに付けてバウンスさせても、普通の写真になります。

(このアイテムは別途使用レポートをしようと思っています。)
スピードライトとボディを離して、リモートでフラッシュを炊くことで、ちょっと良さげな写真になることを期待。

屋外での撮影用に

家族で神社に行き、レフ板持っている人見たことありますか?
もし見かけたら多分、僕です。

以前、レフ板を使って一歩上の写真撮影で紹介をしたレフが壊れてしまったので、おなじ物を再度購入

自分への言い訳として、写真館で撮ると2万円するから、七五三の為だけに使える機材の予算は2万円なんて思ったりしていましたが、速攻で予算オーバー。
これは良い写真が撮れないと奥さんから叱られる事間違いありません!

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ

スポンサード

関連記事

人気のフォトブック比較

皆さんはフォトブックを作った事はありますか? フォトブックは撮影した、写真で簡単にオリジナルのアルバムが作れるサービスで、遠方の両親に孫の成長記録を送ってあげたり、母の日や敬老の日のプレゼントとして。 …

D800,D600比較

Nikon D800EとD800 or D600を比較検討に役立つ画質やレビュー記事のまとめ

最近無性にフルサイズ機が欲しくなりだしました。 現メイン機のD300sに不満があるわけでは無く「全ては腕の問題だ!」 と考えてきましたが、D800での作例を見ると、やはり美しい。 当然、その機種を使っ …

Eye-Fi

Eye-Fi(アイファイ)とiPad連携の写真管理が便利すぎる

みなさんはアイファイ(Eye-Fi)ってご存知ですか? 2010年5月に発売された、SDカードですが、これが画期的なSDカードなんです。 通常のSDカードは、撮影した画像を自宅に持って帰ってSDカード …

NDフィルターで川

NDフィルターとは?その効果と種類を学ぶ

NDフィルターとは、カメラが取り込む光の量を減少させる事で、シャッター速度を遅くし、動いているものをあえて止めずに撮影したり、湖面を滑らかに写したりする事のできる、アイテムで、減光フィルターとも呼ばれ …

どのSDカードがおすすめ?

SDカードの選び方(SDHC)|デジタルカメラにおすすめカードはコレ!

SDカードは上を見れば数万円するものもありますが、値段だけで選ぶなら数百円のものまで存在します。 特に、カメラを買った時は、無駄な出費は抑えたいので 『保存できれば一緒でしょ』と安いものを買ったり 『 …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているボクです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト