カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真上達

写真にシャープさを求める時、レンズの解像力と親指AFでのピント合わせを確認しよう

投稿日:2013年11月16日 更新日: 綿帽子シャープ

 僕は手ブレのし易い体質なのか、あまい写真が多く、家に帰ってからテレビに写真を写し家族で見ていると「これもか・・・」と、毎回ショックを受けていました。
まだまだ、シャープな写真が思い通りに撮れるわけではないのですが、今までとは確率が大きく変わった方法がありますので、今日はその方法を紹介したいと思います。

シャープ?あまい?カリッとした?

写真のブログなどを見ていると、度々目にする「あまい写真」とか「カリッとした」と言う表現。
一般的にあまいと言うのは「ピントが甘い」事が一般的だと思いますが、「解像力が低い」時にも甘い写真になります。

逆にシャープ、カリッとしたとは、その逆で、ピントが適切で解像度が高い写真を指します。

写真が甘くなる原因

1,ピンぼけ

単にピントがぼけている写真です。
どこにもピントが来ていないので、フワッとした印象に写ります。

2,手ブレ

ピントは合っているが、手ブレなどの原因でシャープに写らないケース。
遅いシャッタースピードや、しっかりとカメラをホールドしていないと手ブレしやすくなります。

3,絞り開放付近での撮影

レンズが一番解像するのは、そのレンズの開放F値から2段以上絞ったほうがシャープに写る設計になっています。
(絞りすぎは逆効果)
その為、F1.4の明るいレンズを使っているからといって、F1.4で撮影した写真は、くっきり感に欠ける解像度の低い写真となります。

シャープに撮るために意識する点

持っているレンズの個性を知る

絞りは「何段」と表現しますが、開放(そのレンズの最小F値)から2段以上絞ると解像度の高く写す事ができる為、自分の持っているレンズのパフォーマンスが発揮される絞りを知っておく必要があります。
シャープネステスト
GANREF | AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gの性能テスト(シャープネス) | レンズ

GANREFではレンズごとに最大のパフォーマンスが出せる絞りを見る事ができます。
僕の持っているNikon 35mm f1.8は、F5.6?F8付近で一番解像するレンズである事が分かります。

親指オートフォーカスの利用(おすすめ!)

一眼レフのエントリーモデルから付いている「AF-ON」というボタンがあります。
購入時のデフォルトでは、被写体にピントをあわせるとき、シャッターボタンを半押しする方式となっているはずです。

僕は、「AF-ON」でピントをあわせるようになってから随分とピンぼけた写真が減りました。

親指AF「AF-ON」
シャッターボタンには、ピントを合わせる他にも露出を測定する機能も含まれています。
この2つの役割を切り離して上げる事で、ピント合わせの精度も向上します。

また、動いている被写体で何枚もシャッターを切る場合、半押し→全押しを繰り返しますが、全押しから次のピント合わせの間、被写体にピントがあっていません。
「AF-ON」のボタンをピント合わせに使う事で、親指で「AF-ON」を押し続けている間は、ピントを合わせようとしますので、連射時には特に有効です。

この方法はかなり精度が上がりますし、慣れれば使いやすいので非常にお勧めです。

3,手ブレを防ぐ

三脚の使用

三脚を使える場所なら、積極的に三脚を活用するのが最も手ブレを防ぐのに効果的な方法です。
関連:失敗しない一眼レフカメラ用三脚の選び方

ISO感度を上げる

ノイズを気にするより、手ブレを気にした方が結果的に救われます。
ノイズは、現像ソフトなどである程度取り除く事ができますが、ぶれてしまった写真は救う事ができません。

フラッシュを使う

手持ち撮影で、シャッタースピードを稼ぎたい場合はフラッシュを使うのも有効な方法です。
ただ、内蔵フラッシュだと、「フラッシュを使った写真」になってしまい、作品以前に残念な写真になってしまいます。
フラッシュを使う時は外付けライトか、バウンスをさせましょう。

まとめ

シャープな写真は好みによっては好きでは無い人もいると思います。「カメラ女子風」の写真が好きな人はシャープさは求めないでしょうから。
でも、ふんわりとした写真しか撮りたくないし、好きだから、シャープさを追求しないのでは無く、いろいろな表現がができた方が幅が広がって、写真がもっと楽しくなります。

スポンサード

関連記事

-写真上達

スポンサード

関連記事

RAW現像で出来る事

1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう

コンパクトデジタルカメラから一眼レフカメラに乗り換えた方は、あまり馴染みが無いRAWという形式。 多くのコンデジは、撮影した写真をjpg(ジェーペグ)をいう形式で保存していて、jpgは、ほぼ全てのパソ …

黒はマイナス補正

測光モードと露出を理解して一眼レフカメラを極める

露出とは、撮像素子に光を当てる事を言いますが、露出を調整することで、意図的に明るい写真にしたり、逆に、暗くシックな雰囲気を作ることができます。 一般的に現在発売されている、一眼レフカメラは、カメラ側で …

kiyo-murakami

日本が誇る国内フォトグラファーの素晴らしいギャラリーサイト24選

フォトグラファーのギャラリーって、見ていて飽きないですよね。 1枚の写真に込められたメッセージを、その場にいないのに写真から感じとれるのは、本当に凄い事だと思います。 好きな写真の感じ方は人それぞれの …

Untitled

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

近年「カメラ女子」などの言葉があるように、一昔前であれば、カメラオタクの方々にしか扱えなかった一眼レフ(コンデジ)を若い方、女性でもファッション感覚で持ち歩けるようになりました。 また、iPhoneな …

ホワイトバランス設定微調整

ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す

一眼レフカメラを買った時に露出と絞り、ISO感度ともう一つ覚えておきたいのがホワイトバランスです。 室内で撮影した写真が、全体的にオレンジ色が強かったり、曇り空の浜辺での写真が寒々しい青が強い写真だっ …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

人気記事

まだデータがありません。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト

まだデータがありません。