カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

D300sの表示パネルが破損!エツミの液晶保護フィルムでしのぐ

投稿日:2013年11月13日 更新日: 表示パネルにヒビ

先日、僕のメイン機種である、Nikon D300sの表示パネルが割れてしまいました(T_T)
事件当日、ショッピングモールへ出かけたのですが、大雨が降っており、車からショッピングモールに入る時、妻のカバンの中に入れてもらいました。
(ちょっとの距離だから大丈夫だろうと・・・)

後で気づきました。女性のカバンの中には、危険なものがたくさん入っていると・・・

表示パネルにヒビ

液晶自体は損傷が無く、撮影データは確認する事ができます。
とりあえず、修理に出そうと思い、Nikonのサイトで見積もりをとってみると、「2万円・・・」高すぎます。

今回は、致命的な破損ではないので、そのままにしておこうとも思いましたが、次の衝撃で悪化しない為に、液晶用の保護フィルムを貼っておく事にしました。

表示パネルのみの保護シールは売っておらず、背面の液晶パネル用保護フィルムに表示パネル用シートがセットになっていたものを購入。
一眼レフカメラ液晶保護フィルム

日中に撮影した写真を確認するとき、背面液晶が光って見難いときがありますが、このフィルムを貼ると軽減されるようです。
エツミ液晶モニター保護フィルム

液晶モニター保護フィルムの取り付け

パッケージからフィルムを取り出すと、一枚の台紙にくっついているのがフィルム。
lr-3355

貼り付ける時は、液晶面のホコリをブロアーで飛ばしてから、レンズ用のクロスで油分を拭き取ります。
保護フィルムを貼った所
こちらが、保護フィルムを貼った「表示パネル」です。

貼ってある事がわかりにくいですが、これは最初に貼っておくべきでした・・・
保護パネルの素材は少しやわらかいクッション性のあるものになっているので、傷などを防いでくれるでしょう(T_T)

液晶パネルに保護フィルムを貼った
こちらは背面液晶部分に保護フィルムを貼った写真です。
見事に右上に気泡が入っています・・・

貼るときに、手が滑って正確な位置に貼れなかった為、剥がしてから貼り直した所、こんな感じになってしまいました。

おそらく、一眼レフカメラのボディで一番破損しやすいのは、液晶部分のガラスだと思います。
撮影自体に影響が無くても、ヒビが入っているのはなんか気持ちよくないものなので、こうならない前に「保護フィルム」を貼っておく事をおすすめします!

一眼レフ用液晶保護フィルム

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ

スポンサード

関連記事

Nikon24-70mm

Nikon大三元24-70mm/f2.8をレビュー!単焦点レンズを使い続けて分かった事

2015年10月22日にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの後継機となるAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRが発売されました。 大三元と呼ばれる、 …

NikonDF

一眼レフ初心者必見!おすすめカメラ選びの方法-α7レビュー

現在Nikonの一眼レフカメラD800とD5000の2台を所有(D300sは売却)しており、特にD800は非常に奥行きのあるクリアーな写真が撮れる為不満はないのですが、なんといっても重い・・・ 画質か …

初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド

Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いたで、初めてライトルームを使ったボクですが、「Adobe Photoshop Lightroom5」の体験版ダウンロードから2ヶ月、2013年6月10日に …

D800購入レビュー

Nikon D800レビュー|フォトコン入選で買えた!写真を撮るのが楽しくてたまらないカメラ

D800が欲しくなったのが2013年11月。そして購入決定したのが12月、ようやく2014年2月に購入する事が出来ました。 本当はもっと早く買いたかったのですが、 ・良いカメラを使ったら良い写真が撮れ …

人気のフォトブック比較

皆さんはフォトブックを作った事はありますか? フォトブックは撮影した、写真で簡単にオリジナルのアルバムが作れるサービスで、遠方の両親に孫の成長記録を送ってあげたり、母の日や敬老の日のプレゼントとして。 …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているボクです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト