カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

これで長持ち!一眼レフカメラやレンズの掃除・手入れの方法|日頃のメンテナンス

投稿日:2013年10月20日 更新日: cleaning10

一眼レフカメラは日ごろからメンテナンスをしてあげれば、長い間使う事が出来ます。新しい機種が出てきて物欲に負けなければ5年〜10年は使えるのではないでしょうか。
特にレンズは適切なメンテナンスを怠るとカビが生えてしまいます。
レンズは、カメラボディを買い替えた場合にも、メーカーが同じであれば使う事ができる資産です。
レンズ内部にカビが生えてメーカーに修理に出すと平均3万円程度の修理費がかかりますので、日ごろからしっかりと手入れを行いましょう。
以外とホコリが溜まっている

用意する掃除用品

一眼レフを掃除する為に、必ず持っておきたいのは次の4個のアイテムです。

ブロアー

ブロアー
シュポシュポと大きい所を握る事で、先っぽから空気が出ます。
空気圧によって小さなホコリを除去するアイテム。
外出先で、ちょっとレンズにホコリが付いた時にも頻繁に使いますので、必需品です。
HAKUBA シリコン ブロアー

レンズの前玉は指紋や水滴などが付きやすく、頻繁に掃除をする場所です。
細かいホコリがある状態で、拭き取ると傷がつくリスクが高くなりますし、ホコリが付いたレンズで写真を撮りたくないですよね?

ブロアーは小さいものと大きいものを2つ用意しておくと、家用に大きいもの、外出時に小さいものと使い分けが出来て便利です。

クリーニングクロス

クロスクリーニング
レンズのガラス面や、一眼レフボディを拭く専用の極細繊維生地。
ティッシュペーパーや、タオルでレンズを拭くと即効で傷が付いてしまいます。
また、ティッシュペーパーなどで拭くとホコリがカメラ内部に混入する危険大なので、必ず専用クロスを用意しましょう。
超極細繊維・高級クリーニングクロス

レンズ用洗浄液

洗浄液
日頃の手入れは、ブロアーとクロスで間に合いますが、子供と遊びながら撮影をしていると、汗や唾?、指紋がレンズに付く事が多々ありますので、そういった事が多い方は必需品。
力を入れてクロスで拭くとキズが付きますので、落ちない汚れが付着した場合に役立つアイテムです。(FUJIの洗浄液は拭き跡が残りにくいのでオススメ)

ブラシ

掃除用ブラシ
一眼レフボデイの細かい部品周りに使用するアイテムです。
ブロアーで取り除きにくい、細かい砂などをはらう事が出来ます。毛が硬くキズが付く心配があるのでレンズガラス面には使用しません。
ETSUMI レンズリップスティックブラシ

あると便利

ドライボックス
一眼レフのレンズは、コーティングがされていて、そのコーティングがカビの好物です。
頻繁に使うことの無いレンズは、ドライボックスで保管する事でカビの発生をある程度防ぐ事が出来ます。
また、カメラなどにホコリが溜まりにくくなったり、ゴム部品の劣化を幾分防いでくれるので、保管ボックスが無い方は用意した方が良いです。
キャパティ ドライボックスS クリアブラック DB-S1-CD

カメラの手入れ・掃除方法

1、ブロアーでホコリ除去

カメラを持って出かけたら、ホコリや手垢はカビの原因になるので、そのまま保管せず、簡単にお掃除をしておきます。

まずは、ブロアーで、レンズ、ボディに付着したホコリを飛ばします。
ブロアーで全体を

アイピースはスライドすると取り外せます。こういった細かな部分には以外とホコリが溜まっているので、取り外してブローします。
アイピースを外す
取り外してブロー

外出先でレンズ交換をした場合は、レンズを取り外し、後ろ玉もブローしておきましょう。
後ろ玉も

レンズを取り外すと、ボディ内部の撮像素子が見えます。他のサイトでは、ブローした方が良いと書かれてる事が多いですが、ブローする事でホコリが入る可能性があるので、僕は触らない様にしています。
ミラーには触らない

2、レンズのガラス面をクロスで

ブロアーが澄んだら、レンズのガラス面をクリーニングクロスで軽く拭き取ります。
クロスで軽く拭く

軽く吹いても汚れが落ちない場合は、レンズ用洗浄液を数滴たらし拭きとってください。
この時、洗浄液が無いからと言って、クロスに水を染み込ませて拭く事はやめましょう
専用洗浄液はアルコール分が含まれていて、すぐに蒸発する性質がありますが、水は残ってしまうのでカビの原因になります。

レンズとボディの接続部分もクロスで拭きとっておきましょう。
cleaning10

3、【適宜】液晶やグリップ

1~2は使用の都度実施しておきましょう。

頻繁にカメラを使う方なら2週間~1ヶ月に一度は、手が触れる部分も掃除を行っておくと気持ちが良いです。
ボディグリップや、レンズの持ち手部分は1ヶ月も掃除をしていないと、結構汚くなっています。
手で持つ部分は以外と汚れている

4、【適宜】使っていないレンズ

カビは空気の流れの無い場所を好むので、頻繁に使用するレンズはカビにくく、保管しているレンズがカビやすい傾向があります。
複数のレンズを所有している場合、どうしても使用頻度の低いレンズがあると思います。
数ヶ月に1度は、外の空気に触れさせ、メンテナンスをしてあげましょう。
関連:カメラ・レンズの湿気対策!湿度管理でカビを防ぐ
関連:防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ

関連記事

ebay

ebayの購入方法が分かれば、カメラグッズをかなり格安で購入可能!

みなさんは「ebay」をご存知ですか? イーベイは、世界最大級のオークションサイトで、ヤフオクの利用者が600万人に対しebayは2億6000万人と言われており、規模は日本国内サービスの比では無いほど …

木製 4個セット ウッドフレーム フォトスタンド NOVA SCOTIA

オシャレなおすすめフォトフレーム

僕は、お出かけに行った時には、小さな雑貨屋さんに立ち寄って、必ずオシャレな写真立てを探します。 写真立ては、自分の気に入っている写真を更に引き立ててくれますし、カメラを続けていれば、自分の好きな写真は …

直射

初心者でも簡単!外付けストロボに負けない内蔵フラッシュの使いこなし術

一眼レフカメラにくっついている内蔵フラッシュ。 暗いからと言って、使うとどうしても『フラッシュを炊きました』といった写真になってしまいます。 写真関係の本やサイトでも、「できるだけ内蔵フラッシュを使わ …

Nikon24-70mm

Nikon大三元24-70mm/f2.8をレビュー!単焦点レンズを使い続けて分かった事

2015年10月22日にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの後継機となるAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRが発売されました。 大三元と呼ばれる、 …

表示パネルにヒビ

D300sの表示パネルが破損!エツミの液晶保護フィルムでしのぐ

先日、僕のメイン機種である、Nikon D300sの表示パネルが割れてしまいました(T_T) 事件当日、ショッピングモールへ出かけたのですが、大雨が降っており、車からショッピングモールに入る時、妻のカ …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト