カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真上達

ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す

投稿日:2013年11月6日 更新日: ホワイトバランス設定微調整

一眼レフカメラを買った時に露出と絞り、ISO感度ともう一つ覚えておきたいのがホワイトバランスです。

室内で撮影した写真が、全体的にオレンジ色が強かったり、曇り空の浜辺での写真が寒々しい青が強い写真だったりする事はありませんか?
目で見た印象と違う色味になってしまうのは、全てホワイトバランスの設定によるものです。

ホワイトバランスとは?

直訳した通りで、白のバランスです。
白いものを人間の目で見る白に最適化するのが、正しいホワイトバランスの設定と言えます。
また、意図的にクールにとか、優しくといった事もホワイトバランスを調整する事で表現する事が可能です。

設定による写りの違い

カメラ:Nikon D300s、レンズ:Nikon AF-S Micro 60mm
焦点距離60mm、ISO200、f4.8

次の写真はほぼおなじ時刻に、ホワイトバランス設定のみを変えて撮影した写真です。

オート

WB:オート

電球(3000k)

WB:電球

蛍光灯(4200k)

WB:蛍光灯

晴天(5200k)

WB:晴天

フラッシュ(5400k)

WB:フラッシュ

曇天(6000k)

WB:曇天

晴天日陰(8000k)

lr-7073

色温度

一眼レフには、オートと手動でホワイトバランスを設定出来る項目があります。
失敗の出来ないシチュエーションの場合は、AOUTOで撮影するのが無難だと思いますが、イメージ通りの印象にしたい場合には、この設定を調整し、色味を変える事が出来ます。

光の色には、赤みを帯びたものや青みを帯びたものがあり、人間の主観で色を表すと見る人によって変わる為、共通の単位としてケルビン(k)で表し、これを色温度といいます。
ケルビン

ホワイトバランスの微調整

RAWで撮影する場合、現像ソフト(Lihtroom等)で画質が荒くなること無くホワイトバランスの調整を行う事ができます。
関連:1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう
関連:初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド

有料の現像ソフトを買わなくとも、Nikon機であれば、ViewNX2、CanonはDPPでしょうか。で現像を行う事ができます。

カメラ側で微調整を行う場合は、
メニューからホワイトバランス
カメラのメニュー→撮影メニューからホワイトバランスを選択します。
好みのホワイトバランスを選択します。

微調整
すると、十字カーソルで上下左右に動かす事のできる「マルチセクター」が表示されます。
メモリを上に動かすと緑、下はマゼンダ(赤系)、左はブルー、右はアンバー(茶系)を強調する事ができます。

ホワイトバランスを使った写真の演出

ホワイトバランスの本来の設定目的は、人間の目で見る白を、写真で再現する事にありますが、このホワイトバランスを意図的に変える事で、作品作りを楽しむ事ができます。

ホワイトバランスオート
公園内の池の周りの柵で影が秋らしい雰囲気だったので撮影してみましたが、なんとなく秋っぽさが感じられない写真です。

ホワイトバランスを「昼光」に設定したものがこちら
昼光
赤みのある光で、夕方の雰囲気が感じられるようになりました。

逆に青みを強調(WB:白熱灯)すると、月夜の明かりのように見る事ができます。
白熱灯

色の作り方がわかると、写真の表現にも幅が出てきますし、自分好みの色って誰にでもあると思うので、それを見つけるのも楽しかったりします。
同じ写真でもホワイトバランスの設定で印象が違う仕上げにできますので、ぜひ積極的に挑戦してみましょう!

スポンサード

関連記事

-写真上達
-

スポンサード

関連記事

Day 80 - The Jack-of-All-Trades Lens / slgckgc

一眼レフ交換レンズの特徴と選び方

一眼レフを手に入れると、「もっと上達したい」「こういった写真が撮ってみたい」と写真に対する熱が込み上げてきます。 『レンズ沼』という言葉があるように、欲しいレンズがどんどん増え、レンズ集めが趣味になっ …

カメラの初期設定忘れてませんか?

デジタルカメラを買ったら実行する8個の初期設定まとめ

デジタルカメラは、買ってすぐに撮影する事ができますが、初期設定を最初に行っておけば、より快適に使いはじめる事ができます。 また、設定でカメラをいじっているうちに使い方も覚えますので一石二鳥。 設定内容 …

D300sのセッティング三脚使用

絞りだけでは無い!焦点距離によるボケの違いを知ってレンズ購入の目安に

レンズを評価する時「明るいレンズ」と言われる事がありますが、明るいとは「開放F値の数字が小さい」事を言っています。 F値は絞りを表す数字で、F値が小さいほど被写体の前後をぼかしやすくなります。 背景を …

直射

初心者でも簡単!外付けストロボに負けない内蔵フラッシュの使いこなし術

一眼レフカメラにくっついている内蔵フラッシュ。 暗いからと言って、使うとどうしても『フラッシュを炊きました』といった写真になってしまいます。 写真関係の本やサイトでも、「できるだけ内蔵フラッシュを使わ …

綿帽子シャープ

写真にシャープさを求める時、レンズの解像力と親指AFでのピント合わせを確認しよう

 僕は手ブレのし易い体質なのか、あまい写真が多く、家に帰ってからテレビに写真を写し家族で見ていると「これもか・・・」と、毎回ショックを受けていました。 まだまだ、シャープな写真が思い通りに撮れるわけで …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているボクです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト