カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真上達

ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す

投稿日:2013年11月6日 更新日: ホワイトバランス設定微調整

一眼レフカメラを買った時に露出と絞り、ISO感度ともう一つ覚えておきたいのがホワイトバランスです。

室内で撮影した写真が、全体的にオレンジ色が強かったり、曇り空の浜辺での写真が寒々しい青が強い写真だったりする事はありませんか?
目で見た印象と違う色味になってしまうのは、全てホワイトバランスの設定によるものです。

ホワイトバランスとは?

直訳した通りで、白のバランスです。
白いものを人間の目で見る白に最適化するのが、正しいホワイトバランスの設定と言えます。
また、意図的にクールにとか、優しくといった事もホワイトバランスを調整する事で表現する事が可能です。

設定による写りの違い

カメラ:Nikon D300s、レンズ:Nikon AF-S Micro 60mm
焦点距離60mm、ISO200、f4.8

次の写真はほぼおなじ時刻に、ホワイトバランス設定のみを変えて撮影した写真です。

オート

WB:オート

電球(3000k)

WB:電球

蛍光灯(4200k)

WB:蛍光灯

晴天(5200k)

WB:晴天

フラッシュ(5400k)

WB:フラッシュ

曇天(6000k)

WB:曇天

晴天日陰(8000k)

lr-7073

色温度

一眼レフには、オートと手動でホワイトバランスを設定出来る項目があります。
失敗の出来ないシチュエーションの場合は、AOUTOで撮影するのが無難だと思いますが、イメージ通りの印象にしたい場合には、この設定を調整し、色味を変える事が出来ます。

光の色には、赤みを帯びたものや青みを帯びたものがあり、人間の主観で色を表すと見る人によって変わる為、共通の単位としてケルビン(k)で表し、これを色温度といいます。
ケルビン

ホワイトバランスの微調整

RAWで撮影する場合、現像ソフト(Lihtroom等)で画質が荒くなること無くホワイトバランスの調整を行う事ができます。
関連:1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう
関連:初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド

有料の現像ソフトを買わなくとも、Nikon機であれば、ViewNX2、CanonはDPPでしょうか。で現像を行う事ができます。

カメラ側で微調整を行う場合は、
メニューからホワイトバランス
カメラのメニュー→撮影メニューからホワイトバランスを選択します。
好みのホワイトバランスを選択します。

微調整
すると、十字カーソルで上下左右に動かす事のできる「マルチセクター」が表示されます。
メモリを上に動かすと緑、下はマゼンダ(赤系)、左はブルー、右はアンバー(茶系)を強調する事ができます。

ホワイトバランスを使った写真の演出

ホワイトバランスの本来の設定目的は、人間の目で見る白を、写真で再現する事にありますが、このホワイトバランスを意図的に変える事で、作品作りを楽しむ事ができます。

ホワイトバランスオート
公園内の池の周りの柵で影が秋らしい雰囲気だったので撮影してみましたが、なんとなく秋っぽさが感じられない写真です。

ホワイトバランスを「昼光」に設定したものがこちら
昼光
赤みのある光で、夕方の雰囲気が感じられるようになりました。

逆に青みを強調(WB:白熱灯)すると、月夜の明かりのように見る事ができます。
白熱灯

色の作り方がわかると、写真の表現にも幅が出てきますし、自分好みの色って誰にでもあると思うので、それを見つけるのも楽しかったりします。
同じ写真でもホワイトバランスの設定で印象が違う仕上げにできますので、ぜひ積極的に挑戦してみましょう!

人気記事

LightroomでのRAW現像・書き出し・バックアップ方法【写真管理のワークフロー2】... Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】に続き、LightroomでのRAW現像からjpgデータへの書き出し方法を解説します。 Lightroom...
初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド... Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いたで、初めてライトルームを使ったカメラパパですが、「Adobe Photoshop Lightroom5」の体験版ダウンロードから2ヶ月、2013年6月1...
1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう... コンパクトデジタルカメラから一眼レフカメラに乗り換えた方は、あまり馴染みが無いRAWという形式。 多くのコンデジは、撮影した写真をjpg(ジェーペグ)をいう形式で保存していて、jpgは、ほぼ全てのパ...
Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】... 趣味で写真を撮っていても年間撮影枚数が数千枚にもなってくると、Lightroom無しでは写真管理が出来ないほど依存しているユーザーは多いと思います。 最初はとっつきにくいLightroomですが...
Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いた... デジタル写真の現代で、良い写真として世間に公開するのに、レタッチは写真技術と同等からそれ以上に必要なのでは無いかと日々感じております。 僕自身、趣味で写真をする程度ですが、広告用として使われている写...
Lightroom mobileでiPadでのRAW現像はできるが使い勝手はいまいち... 先日(7日)にAdobeよりLightroomのバージョン5.4が公開されたのと同時にiPad用アプリもリリースされました。 Lightroom mobileは、iPad用アプリ単体では機能せず、A...
Lightroomを使ったテザー撮影ですぐにピントチェック... 一生に数回しか無いイベントでの撮影って1枚でも良い写真があれば、まだ諦められますが、カメラの設定が間違っていたりして全部失敗写真だった場合、後悔しても泣いてももう戻る事はできません。 そんな失敗...
外付けハードディスクの選び方から撮影・編集現像・管理の安心簡単なワークフロー... 日々の忙しさに翻弄され、撮りためた写真がSDカードの中に溜まったままなら、データロスの危険性大ですよ! 乾燥する冬場は静電気の季節で、SDカードなどの電子製品は静電気でデータが消えてしまう事がありま...
スポンサード

関連記事

-写真上達
-

人気記事

Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】... 趣味で写真を撮っていても年間撮影枚数が数千枚にもなってくると、Lightroom無しでは写真管理が出来ないほど依存しているユーザーは多いと思います。 最初はとっつきにくいLightroomですが...
1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう... コンパクトデジタルカメラから一眼レフカメラに乗り換えた方は、あまり馴染みが無いRAWという形式。 多くのコンデジは、撮影した写真をjpg(ジェーペグ)をいう形式で保存していて、jpgは、ほぼ全てのパ...
Lightroomを使ったテザー撮影ですぐにピントチェック... 一生に数回しか無いイベントでの撮影って1枚でも良い写真があれば、まだ諦められますが、カメラの設定が間違っていたりして全部失敗写真だった場合、後悔しても泣いてももう戻る事はできません。 そんな失敗...
Picasaの写真加工機能がとっても簡単で無料なのに素敵だった件... 先日友人宅で写真編集をする必要があり、日頃使っているLightroomやPhotoshopがインストールされていなかったので、写真共有サービスを使って上手に写真を保管する方法で紹介した「Picasa」...
複数台のパソコンと外付HDDでLightroomを使う場合の便利なワークフロー... 先日、Lightroom mobileがリリースされ、いつでも・どこでも現像ができる便利なインフラ時代が近づいている事を感じますが、データ容量関連:Lightroom mobileでiPadでのRAW...
Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いた... デジタル写真の現代で、良い写真として世間に公開するのに、レタッチは写真技術と同等からそれ以上に必要なのでは無いかと日々感じております。 僕自身、趣味で写真をする程度ですが、広告用として使われている写...
LightroomでのRAW現像・書き出し・バックアップ方法【写真管理のワークフロー2】... Lightroomの使い方 カタログ作成からレーティング【写真管理のワークフロー1】に続き、LightroomでのRAW現像からjpgデータへの書き出し方法を解説します。 Lightroom...
初心者早わかり!写真管理ソフトLightroom5の使い方ガイド... Lightroom5の凄まじいノイズ軽減に驚いたで、初めてライトルームを使ったカメラパパですが、「Adobe Photoshop Lightroom5」の体験版ダウンロードから2ヶ月、2013年6月1...
スポンサード

関連記事

子供写真に最適なおすすめの単焦点レンズ

先日(2013.3)書いた、「一眼レフ初心者が単焦点レンズを買った方が良い件」以降、メール等でお問い合わせを頂くようになりました。 主な内容は、 「一眼レフを買ったがどういった順番でレンズを買い足して …

ISO感度をマスターして手振れ写真とサヨナラ

絞りとシャッタースピードの関係は何となくイメージできましたか? 絞りとシャッタースピードで取り込める光の量が決まりますが、取り込める光を調整するのにはもう一つ、ISO感度というものがあります。 このペ …

デジイチはじめてガイド

デジタル一眼レフカメラの購入前・買ったらまず読むページ

iPhoneなどの高機能携帯カメラとは別に、ファンション感覚としても一眼レフカメラを首から下げている人をよく見るようになりました。 せっかく買ったカメラですから、どうせなら良い写真が撮れるようになりた …

写真の基本構図7つのテクニック!黄金比率をマスターして上達

構図とは、 絵画・写真などで仕上がりの効果を配慮した画面の構成。コンポジション。(コトバンク参照) と定義されています。 絞りやシャッタースピード、露出など基本的な部分は何となく理解したものの、「なん …

明るいレンズって何?

明るいレンズ・暗いレンズ|一眼レフ初心者のレンズの選び方

一眼レフカメラとキットレンズを購入してしばらくすると、新しいレンズが欲しくなります。 「どんなレンズにしようかなぁ」とレンズを物色していると『明るいレンズ』や『暗いレンズ』といった言葉を耳にする事にな …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

人気記事

まだデータがありません。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト

まだデータがありません。