カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

フォトログ

一眼レフを持っているのにiPhoneで写真を撮る妻の理由

投稿日:2013年9月6日 更新日:

何故だか、デジ一が手元にあっても、子供の写真をiPhoneで撮る妻に苛立ちかけているボクです^^;

僕は平日仕事なので、生後5ヶ月のKOTOの日々を記録するのは、もっぱら妻の役目になっています。

毎日近い場所にいられない僕としては、子供の成長を良いデータで保存をしておきたいのです。
それなのに、一眼レフがあるのに、なぜ、iPhoneで撮るの!!
そうです。カメラが近くにあっても圧倒的に写りの劣るiPhoneで撮影するんです。

ちなみに我が家には、NikonD5000とD300s、2台の一眼レフがあり、休日は家族皆で遊びに出掛け、二台のカメラを妻と一台づつ持ち、子供と遊びながら写真を撮ります。
妻も、写真を見たり撮ったりするのは好きな方です。
僕がカメラを買ってからは、一緒にいじくってみては、
「すげー!やっぱ一眼は違うな」と感動したものです。

あるとき「なんでiPhoneで撮るの?」
と聞いてみました。

妻「うーん、手元にあるから」
僕「‥‥」
僕「数年後に後悔するから、カメラで撮ってよ」
妻「そっかあ。分かった!」

理由は単純でしたが、理解してくれたようです。

数日後、iPhoneで撮る妻の姿を再び目撃したのでした。

色々聞いてみると、iPhoneで撮る理由は、
・手元にある
・撮ったものがいつでも見れる
・アプリで加工してメール出来る
といった内容でした。

携帯以上に常にカメラを近く置いておく事は、正直難しいですが、
撮った写真をいつでも携帯で見たり、アプリで加工後にメール添付などは、解決出来そうです。

Eye-Fi(アイファイ)とiPad連携の写真管理が便利すぎる
でもご紹介をした、撮った写真をその場で転送出来るSDカード、アイファイがありました!

Eye-Fiの中身

アイファイを一眼レフに入れて撮影すれば、撮影した5秒後には、予め設定してある端末にデータを転送する事が出来ます。
Eye FiをiPhoneへ転送する場合は、無料のアプリが必要となりますが、このアプリはカメラロールのようにiPhoneデフォルトの保存領域に転送データが送られるので、iPhoneで撮影した写真と同様に扱う事が出来ます。

早速、妻のiPhoneを転送先に設定し、Eye-Fiをカメラに入れ、
僕「一眼レフで撮った写真は自動で、iPhoneに送られるから、使ってみて」
と渡しました。

今後、妻がデジ一で子供を撮影してくれる事を願って^^
関連:SDカードの選び方(SDHC)|デジタルカメラにおすすめカードはコレ!
関連:ママ友に自慢したくなる!子供の写真の上手な撮り方テクニック20例

RelatedPost

スポンサード

関連記事

-フォトログ
-

スポンサード

関連記事

やっとお父さん好きに目覚めてくれた!?

先日「最近の子育ての悩み」を書いてから、1ヶ月程度が経ちますが、その時に比べ随分と娘の態度が変わりました。 実は、その頃から、自分の子育てのやり方が間違っていたのでは無いかと思う様になっていました。 …

巨神兵

SS1/800 F3.2 ISO400 焦点距離35mm NIKON D300s AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G RelatedPost だって、だって・・・ Smile バイク …

七五三

七五三の写真を思い出の1枚にする為のたった1つの撮影ポイント

先日、娘の七五三が無事に終了しました。 七五三撮影グッズを準備していた事もあり、当日は終始撮影に夢中になっておりました(^^ゞ 当日は先週までの寒気も緩やかになり天候にも恵まれました。 七五三写真撮影 …

人の凄さ

人の凄さ

SS 1/350、絞り?/6.7、ISO200、焦点距離15mm、HDR加工 Nikon D300s、レンズ:シグマ10-20mm F3.5 EX DC HSM 東京湾アクアラインの川崎と木更津を結ぶ …

草原

SS1/200 ?7.1 焦点距離42 mm Nikon D300s シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO RelatedPost 静寂 テントウムシ 時間 春の風

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているボクです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト