カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

写真上達

東京【写真教室】ガイド

投稿日:2013年8月14日 更新日:

写真教室に通ってみたいけど、いつどこで開催されているのか、自分で調べてもなかなか見つからなかったりします。
というわけで、関東地方で行われている写真教室(講座)をまとめてみました。
初心者の方~中級者の方まで、教室によって募集している生徒さんのスキルも異なりますし、1回のみで受講可能なものから、数ヶ月の期間が必要なものまでありますので、ご自身のスケジュールやスキルに合わせて選択してみてください。
※当サイトと、教室は直接の関係が無い為、情報が古かったり間違っている場合があります。受講の際は必ず教室側へ直接お問い合わせ下さい。

東京都

ニコンカレッジ

Nikonニコンユーザーの方ならどなたでも知っているニコンカレッジ。
初心者の方から上級者の方まで、自身のスキルに合わせた講座の受講が可能。
講座の種類が多いので、自分が興味のある講座だけをスポットで受講する事も可能です。
(本サイト:http://www.nikon-image.com/nikoncollege/

ロハス・ムーン

ロハス・ムーン
現在3名の講師が、教室を開催中です。
講師によって料金設定や開催日が異なります。
レッスンのコンセプトや、講師のメッセージがページごとに書かれていますので、自分好みのレッスンがあれば、金額的にもお得な印象です。
(本サイト:http://www.lohas-moon.com/photo/)

フェリカスピコ

フェリカスピコ
レッスン3時間で5,000円の体験授業を受けられるフェリカスピコは、料理写真専門の教室です。
最近では、レシピブログなども一般的になってきていますし、飲食店経営者の方なら、メニューの写真をプロに頼むより自分で身につけて行こう!と考えている方にはぴったりの教室かもしれません。
レッスンはオーダーメイドで、自分の知りたい内容に合わせて行われる家庭教師タイプもあります。
(本サイト:http://www.felica-spico.com/

カメラ日和学校

カメラ日和学校2004年から創刊されたカメラ雑誌「カメラ日和」の編集部が開催している教室です。
講師には、雑誌カメラ日和に登場されるフォトグラファーの方が中心で、1講座5000円~6000円程度。
1回のみの講座は少なく、4~5回行われるものが中心になっているため、講座の内容を集中して学ぶ事が出来そうです。
(本サイト:http://www.camerabiyori.com/school/

プランツ・モジュール カルチャースクール

プランツ・モジュール カルチャースクール女性の為の写真教室というコンセプト通り、可愛い雑貨や花などのレッスンがメインとなったスクールです。
オシャレな下北沢に教室があるので、お買い物と写真教室、充実した1日が過ごせそう。
1回切りの授業で4000円と値段が安いのも魅力です。
(本サイト:http://www.plante-module.com/

僕も写真教室に通ってみようと、色々と調べたりしています。
調べて見ると、教室によって個性がありどれも通ってみたくなっちゃいますね^^
先生との相性などもあると思いますので、先生のギャラリーなどを見て自分好みの写真を撮っている方の教室に行ってみるのもGoodかもしれません。

スポンサード

関連記事

-写真上達

スポンサード

関連記事

直射

初心者でも簡単!外付けストロボに負けない内蔵フラッシュの使いこなし術

一眼レフカメラにくっついている内蔵フラッシュ。 暗いからと言って、使うとどうしても『フラッシュを炊きました』といった写真になってしまいます。 写真関係の本やサイトでも、「できるだけ内蔵フラッシュを使わ …

ホワイトバランス設定微調整

ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す

一眼レフカメラを買った時に露出と絞り、ISO感度ともう一つ覚えておきたいのがホワイトバランスです。 室内で撮影した写真が、全体的にオレンジ色が強かったり、曇り空の浜辺での写真が寒々しい青が強い写真だっ …

RAW現像で出来る事

1年後、後悔しない為にRAWで撮影しよう

コンパクトデジタルカメラから一眼レフカメラに乗り換えた方は、あまり馴染みが無いRAWという形式。 多くのコンデジは、撮影した写真をjpg(ジェーペグ)をいう形式で保存していて、jpgは、ほぼ全てのパソ …

D300sのセッティング三脚使用

絞りだけでは無い!焦点距離によるボケの違いを知ってレンズ購入の目安に

レンズを評価する時「明るいレンズ」と言われる事がありますが、明るいとは「開放F値の数字が小さい」事を言っています。 F値は絞りを表す数字で、F値が小さいほど被写体の前後をぼかしやすくなります。 背景を …

レフ板を使って一歩上の写真撮影

レフ板とは、撮影時に被写体へ光を反射させ、影を取り除いたり、特定の場所に光を当てたりする、反射板の事を言います。 ポートレートや室内での子供撮影、料理撮影など幅広く使用する事の出来る機材ですが、レフ板 …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

人気記事

まだデータがありません。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト

まだデータがありません。