カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

マクロレンズで今までと違った世界を撮影する

投稿日:2013年8月13日 更新日:

クロレンズは、被写体を等倍の大きさで撮影する事の出来るレンズで、被写体に近寄って(接写)撮影する事ができます。
ズームレンズで、被写体を大きく写そうとした場合、一定の距離からピントが合わなくなりそれ以上近寄る事ができなくなります。
マクロ撮影では、このピントの合う位置が被写体と等倍になる所まで近寄る事が出来るので、通常のレンズと比べ大きく写す事ができます。

一般的にマクロレンズは、上記の使い方をする為にのみ使われるレンズという認識がありますが、普通のレンズ同様に、人物などを写すのにも適したレンズです。
ボクの場合「一眼レフ初心者が単焦点レンズを買った方が良い件」でも書いていますが、マクロレンズも単焦点を使用しています。
普通の単焦点レンズが35mmでマクロレンズが60mmですので、お出かけの時には、D5000に35mmレンズ、D300sに60mマクロレンズを取り付け、2台を持ち歩くスタイルです。

マクロレンズを購入した目的

マクロレンズというと、昆虫や花のクローズアップ撮影をイメージする方が多いと思いますが、僕は、第二子が誕生する時に購入しました。
撮りたかったのは、こういった写真です。
マクロでのまつ毛

赤ちゃんの足

子供のパーツって、小さくてとても可愛いものですが、日々大きくなっていきますので、こういった写真を撮れる時期って限られてるんですよね。。
一人目の時に、こういったイメージが無く、買ったばかりの一眼レフで撮りまくってたんですが、パーツの写真も撮っておけばよかったなぁと思い、第二子誕生の時に購入しました。

購入した時は、花とかも撮ってみました。
タンポポ

元々、60mm程度の単焦点レンズが欲しかったので、普段使いする事を想定しており、ほとんどマクロ撮影は行なっていません。

もっと安価にマクロ撮影を楽しむには

僕の様に、マクロレンズをマクロ的な使い方をしない場合にも十分に使えるレンズなのですが、たまにマクロ撮影を楽しむだけであれば、

こういった、今持っているレンズとボディの間に取り付けるだけの、接写リングというものでもマクロ撮影が可能になります。
もちろん、マクロレンズと比べると、構造が複雑になる分、取り込める光の量が減ったり、写りで劣る点はあります。

オススメのマクロレンズ

スポンサード

関連記事

-カメラグッズ

スポンサード

関連記事

Eye-Fi 16GB Class10

SDカード(SDHC)によって違う連射可能枚数!高速SDHCカードのベンチマーク結果

 娘の七五三で良いカットを少しでも増やそうと購入した、D300sバッテリーグリップですが、1?7枚程度までの撮影速度は確かに早くなりました。 ただ、8枚以上を連射で撮影しようとしても、シャッターが切れ …

木製 4個セット ウッドフレーム フォトスタンド NOVA SCOTIA

オシャレなおすすめフォトフレーム

僕は、お出かけに行った時には、小さな雑貨屋さんに立ち寄って、必ずオシャレな写真立てを探します。 写真立ては、自分の気に入っている写真を更に引き立ててくれますし、カメラを続けていれば、自分の好きな写真は …

これで長持ち!一眼レフカメラやレンズの掃除・手入れの方法|日頃のメンテナンス

一眼レフカメラは日ごろからメンテナンスをしてあげれば、長い間使う事が出来ます。新しい機種が出てきて物欲に負けなければ5年〜10年は使えるのではないでしょうか。 特にレンズは適切なメンテナンスを怠るとカ …

防湿庫の購入を比較検討

防湿庫の購入検討。トーリ・ハンと東洋リビング、容量などを比較してみた

写真を撮る趣味は、趣味の時間が長ければ、レンズや周辺機材などがどんどん増えていきます。 そして、はまった分だけ高価なカメラやレンズも、躊躇なく購入できるようになっていきます^^; そんな僕もデジタル一 …

前玉

シンデレラレンズを軸に自分におすすめのレンズシステムを考えよう!

シンデレラレンズという言葉を聞いた事がありますか? シンデレラレンズとは、安くて写りが良いレンズの事です。 普通、一眼レフを買った時についてくるレンズはキットレンズといいますが、シンデレラレンズに変え …

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているボクです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト