カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

テクニック

綺麗な夏空を撮影する方法-PLフィルター使い方

投稿日:2013年8月12日 更新日: 夏空キャプチャ

夏と言えば、低い所に浮かぶ白く大きな雲に、真っ青な青空ですが、綺麗な青空を写真に残すのって結構難しかったりしませんか?
見た目では、綺麗な青空でも、家に帰って撮った写真を見てみると、白っぽくなってしまっていたり、逆に暗く写ってしまったりと。。。

その主な原因は、空気中に存在しているホコリです。
大気には、チリやホコリがあり、そのホコリに光が反射し、見た目では綺麗に見えていた空も写真にすると白飛びしたりしてしまうんです。
夏空-露出アンダー

青空をそのまま写す為には、大気中の光の反射を制御(偏光)する必要があります。
その為には、PLフィルターというアイテムを使用するのが一般的です。

PLフィルター(偏光フィルター)って?

大気中のチリなどに反射した光は、人間の眼では認識されませんが、デジタルカメラの場合は光として認識します。
その為、青い空が白っぽく写ったり、見た目より薄く(低コントラスト)で撮れたりしてしまうのです。PLフィルターはこういった光の反射などをフィルターを通してカットする事により、元々の色を再現する事が出来る便利なフィルターです。
青空を写す以外にも、

  • ガラスや水面の反射を防ぐ
  • 紅葉を鮮やかに写す
  • 森林を深い緑で写す
  • などがあります。
    使って見るとその効果にきっと驚きます。

    PLフィルターの種類

    PLフィルターには、C-PL(サーキュラPL)と普通のPLがあります。
    普通のPLフィルターは、フィルムカメラ用のものとなっていて、デジタルカメラで使うと、オートフォーカス(AF)に誤作動をきたす場合がありますが、現在販売されているPLフィルターのほとんどがC-PLフィルターとなっています。
    また、PLフィルターは、レンズ保護フィルターの上から付ける事が出来るものが主流となっていますが、値段は数千円から数万円まで大きな開きがあります。
    その金額の差は、PLフィルターの厚みと、大きさ(経)が関係しています。
    大きさは、レンズによって異なりおよそ52mm~82mmの間のどれかに該当をすると思います。

    また、PLフィルターは構造上2枚のレンズが重なっているので、厚くなりやすいのですが、広角レンズなどの場合厚みのあるPLフィルターを使用すると、周辺にケラレ(写り込み)が起きる場合があります。
    一般的に薄いPLフィルターほど値段も効果になるので、予算と写りのバランスなどを考慮して、商品を選ぶ様にしましょう。

    PLフィルターと同様にフィルター自体に色が付いているNDフィルターは、偏光効果ではなく光量を落とす事でシャッタースピードを遅くする効果がありますが、2枚のフィルターを重ねて、両方の効果を得る事もできます。
    関連:NDフィルターとは?その効果と種類を学ぶ

    PLフィルターの使い方

    C-PLフィルターは、レンズに取り付ける部分(ネジ)でしっかりと、レンズと接続した後、前側のリングを回す事で、光の屈折を調整しながら使用します。
    ただ、どのような状況でもフィルターの効果が出るのでは無く、主に純光と斜光の時に効果が最大に発揮されます。
    逆光の場合PLフィルターを使用しても効果を実感する事は出来ません。

    純光時に取り付けたフィルターの前側リングをクルクルと回し、ファインダーを除きながら被写体の写りを確認します。

    PLフィルターの弱点

    C-PLフィルターは、見た目が黒っぽいフィルターです。
    遮光性があり、取り付けると光を取り込む量が低下します。その為、シャッタースピード遅くなります。(高価な商品では、SSが変わらないものも発売されているKenko Zeta EX サーキュラーPL

    PLフィルターは劣化する為、寿命があります。
    つけっぱなしの状態で撮影し、2年程度との情報がありますが、メーカーなどによっても異なるようです。
    劣化した場合は、今までの様にフィルターの効き目が無くなって来ます。
    紫外線で劣化が進むので、保管時には日光が出来るだけ当たらない暗い場所で保管する事で、長持ちします。

    イーベイなどで安物を一つ購入して使用頻度を図るのも良さそうです。
    関連:ebayの購入方法が分かれば、カメラグッズをかなり格安で購入可能!

    まとめ

    C-PLフィルターは、一度使うとこれまで撮れなかった写真を撮影する事が出来るようになり、その魅力に取り付かれます^^
    ただ、普通のフィルターと比べ高価で、使用レンズの経が異なればその分買う必要があります。
    はじめて購入する場合は、5000円程度の商品を選び、高価を実感してから買い増ししていくのが無難だと思います。

    オススメのフィルター

    スポンサード

    関連記事

    -テクニック


    スポンサード

    関連記事

    Feedly表示例

    写真ブログやフォトコンテストの効率的な情報収集とクリップ方法

    当ブログにアクセスをして頂いている方の多くは、日頃インターネットから情報収集をされている方々だと思いますが、自分の好きなブログやニュースサイト、フォトコンテストの更新情報はどの様に確認していますか? …

    赤ちゃんキャプチャ

    赤ちゃんの写真を上手に撮影する撮り方

    赤ちゃんは、日に日に成長をしていくので、その一瞬がとても大切な瞬間です。 僕は、一人目の子供が生まれる時に一眼レフを買いましたが、当時は使い方がよく分からず、今見返して見ると、失敗写真が非常に多く残念 …

    直射

    初心者でも簡単!外付けストロボに負けない内蔵フラッシュの使いこなし術

    一眼レフカメラにくっついている内蔵フラッシュ。 暗いからと言って、使うとどうしても『フラッシュを炊きました』といった写真になってしまいます。 写真関係の本やサイトでも、「できるだけ内蔵フラッシュを使わ …

    HDR撮影

    オートブラケティング撮影からHDRで明暗差のある写真を1枚に合成する方法

    HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、明暗差が大きい同じ構図の写真複数枚を合成して1枚の写真に見せる技法です。 カメラは人間が見たものを正確に写真に写す事が出来ません。 構図の中に極端に明るいもの …

    マタニティフォト

    一生の思い出♪マタニティフォトを自分で素敵に撮影する方法

    みなさんは、マタニティフォト(妊婦写真)をご存知ですか? 子供を授かり、お腹が大きくなってきた妊婦さんが記念の写真を撮影する事が数年前からTVなどでも取り上げられる様になりました。 子供が生まれた後は …

    写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

    人気記事

    まだデータがありません。

    管理人について

    「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

    SNSフォローボタン
    FacebookGoogle+TwitterRSS

    運営サイト

    お友達サイト

    まだデータがありません。