カメライフ

初心者にも分かりやすい写真の撮り方・一眼レフ上達コンテンツ7割と子育て・レビュー記事3割のパパブログ。

カメラグッズ

Nikon D300sに丸型ファインダーを装着してみた

投稿日:2013年4月5日 更新日: DSC_0088

自分がNikonユーザーだと、街を歩いている時にNikonのストラップが目に入ると、「何使ってるんだろう」って見てしまう、カメラパパです。

そんなカメラを持った方々を見ていると、ごついカメラに丸型のファインダー(アイピース?)を付けている人を目撃しました。恐らく機種D3とかD4だと思います。


D4のアイピースは、D300sと近い質の丸型なのですが、その方は、↓こういった形状で、少し出っ張っていたものを付けていました。

D300sに付ける事出来るのか色々と調べた結果、Nikon アイピースアダプター DK-22を使用する事で付ける事が出来るようでした。

早速試してみようと思いました。その理由は

  • 見た目がかっこ良い
  • ファインダーを覗いた時外の光が入って来ない
  • 液晶に顔の脂がつきにくくなるらしい

の3つ、アマゾンで速攻ポチしました。

  

購入金額は送料無料で、しめて1,293円

D300sへの取り付け

接眼
購入したのは、この2点、以前アイピースアダプターDK-22は丸形ファインダーにしようと思って、なぜか一つだけ購入したものがあったので、それを使います。

DSC_0081純正のファインダーを上に押すとスライドして取ることができるので、この状態にします。


DSC_0082
次に、アイピースアダプターDK-22を取り付けて、アイピースの土台にします。


DSC_0085アダプターを取り付けたら、FA 目当てゴム DK-3Nikon FAアイピースの順番にセットしますが、目当てゴムは、アイピースアダプターとアイピースで挟みこんでください。


DSC_0087 これで完成です。かなりでっぱっていますが、撮影時には余計な光が入らず快適です。
ゴムの出っ張りは、ペコっと裏返しにすることができるので、余分な場所もとりません。
アイピースがネジになっていますが、気が付くとゆるくなっている事があるので、紛失には注意してください。

スポンサード

-カメラグッズ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Eye-Fi

Eye-Fi(アイファイ)とiPad連携の写真管理が便利すぎる

みなさんはアイファイ(Eye-Fi)ってご存知ですか? 2010年5月に発売された、SDカードですが、これが画期的なSDカードなんです。 通常のSDカードは、撮影した画像を自宅に持って帰ってSDカード …

photo-ca

人気のフォトブック比較

皆さんはフォトブックを作った事はありますか? フォトブックは撮影した、写真で簡単にオリジナルのアルバムが作れるサービスで、遠方の両親に孫の成長記録を送ってあげたり、母の日や敬老の日のプレゼントとして。 …

EN-EL15 互換 バッテリー

D800は電池持ちが悪い!予備に買ったEN-EL15互換バッテリーは純正品に劣らないお得品だった

こんにちわ。@Camera_papです。 Nikonのフラッグシップ機D800を使い始めて2ヶ月ほどが経過しました。 関連:Nikon D800レビュー|フォトコン入選で買えた!写真を撮るのが楽しくて …

Eye-Fi 16GB Class10

SDカード(SDHC)によって違う連射可能枚数!高速SDHCカードのベンチマーク結果

 娘の七五三で良いカットを少しでも増やそうと購入した、D300sバッテリーグリップですが、1?7枚程度までの撮影速度は確かに早くなりました。 ただ、8枚以上を連射で撮影しようとしても、シャッターが切れ …

高級レンズと格安レンズ

格安レンズを買うならローンしてでも高級レンズを買った方が良い件

先日、娘の運動会の為、レンズのレンタルショップを利用した僕ですが、そのレンズが結構気に入ったのもあり、なんとなくヤフオクで中古レンズを見ていて気づいた事があります。 それは、レンズは値崩れしにくい事で …

スポンサード

人気記事

LUMIX DMC-GX7C-S

一眼レフカメラ初心者が写真を最速で上達させる7つの方法

写真テクニックなどの本を見て知識を得ても、それがすぐ写真に反映されるわけではありません。 私はまだイチデジ3年目の初心者レベルですが、初心者なりに、上手くなった転機のようなものが3,4度ありました。

管理人について

「カメライフ」を運営しているカメラパパです。 一眼レフ初心者ならではの視点で、カメラ初心者に役立つ情報を公開していきます。 よろしかったらプロフィールも御覧ください。

SNSフォローボタン
FacebookGoogle+TwitterRSS

運営サイト

お友達サイト